Rohde & Schwarz

ローデ・シュワルツから新しいR&S RTO6オシロスコープが登場 ― 使い勝手と性能が向上し、即座な信号把握が可能に

 ローデ・シュワルツは、まったく新たに再設計したR&S RTO6オシロスコープにより、好評なR&S RTOシリーズを次の水準へと押し上げます。ユーザーインターフェースをより大型な15.6インチのフルHDタッチスクリーンに刷新するとともに簡単なワークフローを採用し、日々の測定作業の高速化を図りました。さらに、R&S RTO6は卓越の有効ビット数9.4ビットといった最新の仕様のほか、毎秒100万回という無類の波形更新速度、包括的な解析機能ツール群などにより、エンジニアの作業環境に特に配慮した設計としています。

Pilz News

ピルツの安全レーザスキャナPSENscanは最大3つの安全ゾーンと最大70種類のコンフィグレーションに対応 - 柔軟で生産性の高い移動・静止アプリケーションの監視

安全レーザスキャナPSENscanに追加され、利用可能になったデジタル入出力: 新しい17ピンおよびマスタエンコーダタイプにより、70種類の切り替え可能なコンフィグレーションの実装および、最大3つの異なる安全ゾーンを同時に監視することが可能です。そのため、新しい動的な部分ミューティングなどを使用して、静止エリアの監視の生産性を向上できます。社内物流向けの新機能 - エンコーダ評価、スタンバイモード、より正確なナビゲーションなどの機能により、移動アプリケーションを今までより効率的に監視できます。

Infineon News

インフィニオンとpmdtechnologies社が、 アンダーディスプレイのToF型ターンキーソリューションでArcSoft社と提携

インフィニオン テクノロジーズ (FSE: IFX / OTCQX: IFNNY) と、ToF(Time of Flight)に関するインフィ二オンのパートナーであるpmdtechnologies社が、ビジョンベースのイメージングのスペシャリストであるArcSoft社と提携、市販のスマートフォンのディスプレイ下でToFカメラを動作させることができるターンキーソリューション開発を開始いたしました。

ABB News

日本初のEV充電器の公道設置に関する実証実験にABBの急速充電器が採用される

横浜市と株式会社e-Mobility Power(eMP)は、横浜市青葉区内の公道上において、全国初となる、公道上にEV充電器を設置する実証実験を開始し、その課題や有用性について検証をしています。

HMS Industrial Networks AB

Anybus Wireless Bolt CAN-Wi-Fi あるいはBluetooth を介したCAN通信に

Anybus®WirelessBoltは、5年前の発売以来、数千もの産業用アプリケーションにワイヤレスEthernetアクセスを提供してきました。堅牢でユニークなフォームファクターにより、ボルトのように機械にねじ込む形で取り付ける同製品は、すでに最も要求の厳しい産業用アプリケーションで実績と信頼を得ています。 そのユースケースは、倉庫の設備やAGV、食品加工、地下採掘、環境の厳しい屋外でのアプリケーションまで多岐にわたります。そうした優れた実績を基に、HMSはホスト機器に対してCANベースで通信する機能を備えたAnybus Wireless Bolt CANを新たに発売します。

フォローする