Kennametal

ケナメタルの最新セラミック材種KYHK15Bは、最大HRC 58のハードターニング加工アプリケーションにおいて、耐摩耗性の向上と工具寿命の延長を実現

この新しいセラミック材種は、高硬度材料、耐熱合金、そして、鋳鉄を加工する際に、最高の生産性を発揮します。ケナメタルは、最新の旋削加工向けセラミック材種のKYHK15Bを発表しました。

Leica Geosystems News

マシンガイダンス向け最新パネ ル Leica MCP50/70 の販売を開始

計測テクノロジー業界のリーダーであるライカジオシステムズ株式会社 は、油圧ショベル、ブルドーザー、およびグレーダーの 2D ガイダンス向けのパネル Leica iCON MCP50 and MCP70 (以下MCP50 & MCP70)と、接続装置 Leica スマートJunction Box SJB2x (以下 スマート Junction Box)について、本日から日本国内で販売開始することを発表しました。

Schneider Electric News

シュナイダーエレクトリック、ベンダーを問わないソリューション「EcoStruxure IT Advisor」で、理化学研究所の高効率なITインフラの運用・管理を実現

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、国立研究開発法人 理化学研究所 が、「EcoStruxure IT Advisor(エコストラクチャー ITアドバイザー)」を導入し、メーカーの異なる各機器のレイアウトや設置状況、温湿度シミュレーションなどの一元管理を図り、より効率的な運用を実現したことを発表します。

Rohde & Schwarz

5G NRリリース17に対応したローデ・シュワルツの包括的テスト・ソリューション

5G NRリリース17に含まれる最新機能は、システムのパフォーマンスを高め、新たなアプリケーションへの広がりも可能にします。しかし、こうした最新の高度な5G規格のテストは非常に複雑で困難なものになります。そこで、こうした状況に対応できるようにローデ・シュワルツは、ベクトル信号発生器とシグナル・スペクトラム・アナライザが協調して動作する包括的なソフトウェア・オプションを発表しました。

Keysight technologies News

キーサイト、Snapdragon Compute Platform上で、ノートパソコンベンダーがWindows搭載のArmベースの5G PCを検証することを初めて可能に

ソフトウェア中心の統合テストソリューションにより、Snapdragonを搭載した5G接続のWindowsノートパソコンの設計、開発、製造を迅速化.

Rohde & Schwarz

ローデ・シュワルツが、ドイツで6Gを推進するライトハウス・プロジェクト6G-ANNAに参加

3カ年のライトハウス・プロジェクト6G-ANNAは、ドイツ連邦教育科学研究技術省(BMBF)が起ち上げ、Nokia社が主導しています。29の参加企業と研究機関が協力して取り組む同コンソーシアムの目的は、やがて登場する新世代のモバイル通信6Gの開発・規格化・実装を推進することです。ローデ・シュワルツはすでに6Gとその関連技術について総合的な研究を行っていますので、これを活用して同プロジェクトに貢献していきます。

Toshiba News

超小型SOD-962パッケージ採用により機器への高密度実装に貢献する過電圧保護用ツェナーダイオード

当社は、開閉サージや誘導雷サージ[注1]、静電気放電 (ESD)[注2]から半導体デバイスを保護するツェナーダイオード「CSLZシリーズ」を製品化しました。標準ツェナー電圧5.6 Vから30 Vの範囲で10品種のラインアップになります。

フォローする