Igus News

第8回ベクター賞 受賞事例のご紹介

イグス 本社ドイツ は、エナジーチェーンの独創的な使用事例を表彰するベクター賞を、2年に一度開催しています。2022年の第8回ベクター賞には、世界36ヶ国から233の使用事例が集まりました。複数回の選考プロセスを経てベクター賞に輝いたのは以下4つの事例です。

MURATA News

村田製作所本社で蓄電池とAI制御による省エネシステムを導入―省エネルギー化により電力使用の削減に貢献

株式会社村田製作所 以下「村田製作所 は、2022年7月より本社(京都府長岡京市)に株式会社Mutron(以下「Mutron」)製AI省エネ制御と村田製作所製コンテナ型蓄電池を組み合わせた省エネルギ.

SCHUNK News

将来に向けた交流

動き出そう - SCHUNKは「AUTOMATICA」での会話の進行役を務めました。アプリケーションのエキスパートが、ハンドリングと加工の革新的なアプローチを用いて、自動化の幅広いノウハウを紹介しました。

Rohde & Schwarz

Granite River Labs社とローデ・シュワルツの連携がさらに拡大―欧州テストラボのコンプライアンス試験能力を広げる

 Granite River Labs(GRL)社は先だって、最新の高速デジタル・コンプライアンス試験ラボをドイツで新たに開設し、成長をとげる欧州市場に提供できる産業向けサービスの幅をいっそう広げました。このGRL社のテストラボは、ローデ・シュワルツからR&S ZNB20ベクトル・ネットワーク・アナライザ(VNA)を追加購入して、すでに所有のR&S RTP164ハイパフォーマンス・オシロスコープを補完したことで、従来技術はもとより、車載EthernetやUSBなどにおける将来の高速デジタル技術にも対応した広範なテストサービスを提供できるようになっています。

Rohde & Schwarz

ローデ・シュワルツとMediaTek社が、R&S TS-LBSテスト・ソリューションによって3GPPリリース16の5G LBS機能を検証

ローデ・シュワルツとMediaTek社は、3GPPリリース16が規定する5G NRの新しい位置情報サービス(location based service:LBS)機能の検証に成功しました。これらの機能は緊急通報位置通知の改善のみならず、課題の多い屋内環境と衛星ベースおよび地上通信技術を使う屋外環境の両方において、LBSがかかわる今後のユースケースをサポートすることになります。そこでローデ・シュワルツは、こうした機能を始めとするリリース16のネットワーク・ベースの位置特定機能に対応できるようにR&S TS-LBSテスト・ソリューションを拡張しました。

フォローする