Softing Industrial Automation GmbH

SoftingのedgeConnector製品シリーズ、新しいREST APIによりコンフィグレーション・プラットフォームへの組込みがいっそう容易に

SoftingのdataFEEDシリーズからご提供するedgeConnector製品にREST APIをご用意しました。これにより、ゴンフグレーション・プラットフォームへの組込みが格段に簡単になります。加えて、個々の製品に展開するうえで、柔軟性がより高まるように新しいライセンス方式も整えています。

Analog Devices News

「FOOMA JAPAN 2022」に出展

アナログ・デバイセズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 勝史、以下:アナログ・デバイセズ)は、「FOOMA JAPAN 2022」(国際食品工業展、会期: 2022年6月7日~10日、会場: 東京ビッグサイト東館)に出展し、AIを活用したモーターの予知保全ソリューションADI OtoSense Smart Motor Sensorと、製造工程や製品検査工程を監視/診断するADI OtoSense Quality Controlをご紹介します(小間番号: 2F-28、出展社情報)。

Rohm Semiconductors News

機能安全規格「ISO 26262」準拠、 次世代自動車のカメラモジュール向けPMICを開発異常状態通知機構に対応したPMICでは業界最小※ の3.5mm角サイズを達成

ローム株式会社(本社:京都市)は、ADAS(先進運転支援システム)などで搭載が進む車載カメラモジュール(以下、車載カメラ)に向けて、ISO 26262※1、ASIL-B※1に準拠したPMIC※2 BD868xxMUF-C(BD868C0MUF-C、BD868D0MUF-C)を開発しました。

Emerson Automation Solutions

エマソンの新しい緊急遮断弁用スイッチボックスは、危険な用途での安全性と稼働時間を改善します

HART 7 対応 TopWorx DX パーシャル・ストローク・テストは、詳細なバルブ・アセンブリ・データと診断を提供し、予兆保全と信頼性の高い操作を可能にします

HMS Industrial Networks AB

困難な時代にも関わらず産業用ネットワークの成長は続く―HMS Networksのまとめによる産業用ネットワーク市場シェア動向2022

HMS Networkは毎年、産業用ネットワーク市場を分析して、ファクトリーオートメーション(FA)分野で新規設置されたノードの分布を推計しています。今年の調査によると、産業用ネットワーク市場は2022年に8%の成長が見込まれることがわかりました。産業用Ethernetは今なお最も高い成長率を示しており、新規設置の全ノードの66%(昨年65%)を占めるに至りました。フィールドバスは27%(同28%)となる一方で、ワイヤレスは7%の市場シェアを保っています。PROFINETとEtherNet/IPの市場シェアは17%とネットワークランキングの首位にありますが、これにEtherCATが11%と急速に迫っています。

ZF News

ZF、電動パーキングブレーキ累計生産2億台を突破

ドイツ、コブレンツ発;ファウンデーションブレーキシステムで世界をリードするZFは、世界で初めてEPBユニット累計生産2億台を突破しました。 ZFは、20年以上前に初めてEPBモーターオンキャリパーブレーキを発表、現在第6世代となるEPBでインテリジェントなメカニカルシステムを実現しました。また、ZFはパーキング機構内蔵型キャリパー(IPB:Integrated Park Brake)を初めて市場に投入、その生産台数は5億台を超えています。

フォローする