Rohde & Schwarz

ローデ・シュワルツとRosenberger社が、OPEN Alliance TC9テスト仕様に従ってMultiGBASE-T1の適合性試験を実証

試験・計測技術を専門とするローデ・シュワルツは、コネクタやケーブル・アセンブリを製造するRosenberger社とともに、OPEN AllianceのTC9技術部会によるテスト仕様にもとづき、2.5/5/10GBASE-T1の車載Ethernet伝送速度に対応したMultiGBASE-T1の適合性試験の実証に成功しました。この成功により、車両メーカーや部品サプライヤの皆様には今後の高速車載ネットワークの実現に安心して臨んでいただけます。

Rohde & Schwarz

ローデ・シュワルツが、OPEN Alliance TC9テスト仕様に対する車載Ethernetの試験サービスでUNH-IOLを支援

試験・計測技術を専門とするローデ・シュワルツは、ニュー・ハンプシャー大学インターオペラビリティ研究所(University of New Hampshire Interoperability Laboratory:UNH-IOL)の認証試験サービス拡大にともない、その支援をさらに強化しました。これによりUNH-IOLの顧客はOPEN AllianceのTC9技術部会のテスト仕様にもとづき、車載Ethernet用ケーブルとコネクタ(リンク・セグメント)の認証を実現可能になりました。シールド無し/シールド付きツイスト・ペア(UTP/STP)いずれのケーブルとコネクタにも対応しています。

Rohde & Schwarz

ローデ・シュワルツから、マイクロ波機器メーカー向けシステムアンプが新登場

モバイル通信やIoT、衛星、レーダーなどのアプリケーション市場が拡大するのを受け、ローデ・シュワルツはシステムアンプの課題に対する新たなアプローチを導入します。かつてない出力と帯域幅、市場トップレベルのノイズ特性を備えたコンパクトなR&S®SAM100によって、迷う余地のない選択肢を皆様にご提案します。

HMS Industrial Networks AB

HMS Networks、セキュアな製品開発ライフサイクル規格IEC 62443-4-1認証を取得

2020年10月、HMS NetworksはIEC62443-4-1:2018規格に準拠した認証を取得しました。この認証プロセスは、TÜV Rheinland社によって行われ、産業用オートメーションおよび制御システムにおけるセキュアな製品開発ライフサイクルが認定されました。

ODVA

CIP Securityがアップデート:ユーザーレベルの認証をサポート

ODVAは、EtherNet/IPのサイバーセキュリティ対応ネットワーク向け拡張であるCIP Securityに、ユーザーレベルの認証機能を加えました。これまでのCIP Security仕様書でも主要なセキュリティ属性として、デバイス・グループによる広義の信頼ドメイン、データの機密性、デバイス認証、デバイスの識別、デバイス完全性などを定めていました。これに対して今回、ユーザーと役割による狭義の信頼ドメインと、そのユーザー情報を含めて強化したデバイス識別機能、さらにはユーザー認証をCIP Securityに導入します。

XILINX News

ザイリンクスとテキサス・インスツルメンツ、 エネルギー効率の高い 5G 無線ソリューションを共同開発

ザイリンクス社 (本社: 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: XLNX) は 11 月 18 日 (米国時間)、少アンテナ数無線機のエネルギー効率を高めるスケーラブルな適応型デジタル フロント エンド (DFE) ソリューションを、テキサス・インスツルメンツ (TI) 社と共同開発することを発表した。

フォローする