Rohde & Schwarz

ローデ・シュワルツの最新車載レーダーセンサ・テストシステムは、横方向に移動する物体さえもシミュレート可能

ローデ・シュワルツの新しいR&S RTSレーダー・テストシステムは、先進運転支援システム(ADAS)の基盤となるレーダーや自動運転車に利用するレーダーセンサについて、完全なOTA(over the air)でテストできる運転シナリオをシミュレートします。このテストソリューションは、新しいR&S AREG800A車載レーダーエコー発生器をバックエンドとし、R&S QAT100アンテナアレイをフロントエンドとして構成されています。現在、側面から近づく物体などの横移動する物体は、アンテナを物理的に移動させてシミュレートしています。これに対し、R&S RTSではフロントエンドにおける個々のアンテナのON/OFを電子的に切り替えることで、そうした物理的運動を置き換えます。自動車に対して横方向に高速に動く物体でも、高い信頼性と再現性でシミュレートできます。またR&S RTSなら、物体の視線速度(ドップラー効果)やサイズ(レーザー反射断面積)について、非常に狭い場合を含め、ユーザーが想定する範囲でシミュレート可能です。さらに、バックエンドのR&S AREG800Aを複数台カスケード接続することで多数の物体も再現できます。現在は実際の路上で行われているテストが、R&S RTSを使えば研究室で行えるため、早い段階からエラーを検出でき、大きなコスト削減になります。

ABB News

ABBのBob Stojanovicは、米国で進行中の電動化について「EVの大幅な増加に向けた準備が始まっている」と述べています

ABB ニューヨーク E-Prixに先立ち、北米e-モビリティ担当ディレクターであるBob Stojanovicが、ポッドキャストABB DECODEDの最新エピソードで、米国におけるe-モビリティの重要性と成長の大きなチャンスについての洞察を語りました。

dSPACE News

dSPACEがBTC社とのパートナーシップを拡張 シミュレーションを用いたADAS/ADの妥当性確認や認証が現実的に

dSPACEでは、自動車業界のお客様がシミュレーションベースのソリューションを用いて自動運転機能の妥当性確認や認証を行えるようにするため、長年にわたるBTC Embedded Systems(BTC)社とのパートナーシップをさらに拡張しました。

ONSEMI News

オン・セミコンダクターのWi-Fi 6ソリューションが、Sierra Wireless社の先進の マルチネットワーク5Gルータに搭載

Sierra社のXRシリーズは、モバイル・ミッションクリティカル・アプリケーション向けに 設計された、信頼性の高い高性能かつセキュアな車両エリアネットワークを提供。

Toshiba News

IoTオープンプラットフォーム「トリリオンノード・エンジン」向け はんだ付け不要で容易に着脱できるコネクター技術について

当社は、IoT機器を簡単に作製できるオープンプラットフォーム「トリリオンノード・エンジン」向けに、はんだ付け不要で容易に着脱できる2つのコネクター技術を評価しました。

フォローする