Microchip News

Microchip、産業用ネットワークの拡張性と機能性を高める マルチドロップ バス アーキテクチャEthernet PHYを発表

デジタル ネットワークがますます多くの装置、製造ライン機器、ロボットを接続し、スマート マニュファクチャリングはオートメーションの効率をさらに高めています。

HMS Industrial Networks AB

HMS NetworksがOwasys Advanced Wireless Devices社株式の過半数を取得

HMS Networks AB(publ)の完全子会社HMS Industrial Networks ABは、2021年7月1日、スペインの企業であるOwasys Advanced Wireless Devices S.L.社の全株式の60%を取得しました。ビルバオに本社を置き、20人の従業員を擁するOwasys社は、特殊車両や産業機械に向けたワイヤレス通信製品を設計・製造しています。

EVO

日本の中小企業の皆様、ぜひドイツにおけるデジタル化をEVO Smart Factoryで体験ください

2021年7月8日、ドイツ・ドゥルランゲン ― 産業用ソフトウェア・メーカーEVO Informationssysteme GmbHは、本年10月より、子会社EVO Japan株式会社を通じて、日本企業の皆様をドイツの新しいEVO Smart Factory(スマート・ファクトリ)へご招待する取組みを始めます。ここではEVOソフトウェア・プラットフォームを基盤に構築した未来の工場として、実践的なかたちで金属加工産業のプロセスをデジタル化しています。Machining 4.0〔機械加工の第4次革命〕の“Experience Digitalization〔実践的デジタル化〕”をテーマとして、そのまま実行できるデジタル化の可能性を日本の中小企業の皆様にデモ紹介します。どうすればデジタル・トランスフォーメーションを上手に実現できるか、それが現実の生産環境では問われていますが、これに関心のある日本のお客様に、ドイツのバーデン・ビュルテンベルクにおいて、日本対応版EVOソフトウェアをもとにしたライブ実演によるデジタル化を体験いただきたいと思います。

Rohde & Schwarz

ローデ・シュワルツがバルセロナでのMWC21において、5G NRデバイス試験の難しい課題に対応した総合的ソリューションを紹介

モバイル端末メーカーとって、5G NRは新たな複雑さとなって、開発プロセスに大きな影響を与えます。ミリ波帯で動作するアンテナ・アレイを備えた最新のRFインターフェースのために、試験設備や試験方法がいっそう困難なものとなりつつあるのです。2021年に再びバルセロナに帰ってきたMobile World Congressでは、ローデ・シュワルツから、モバイル端末の試験に向けたラインナップのなかで特に注目のソリューションを紹介しました。そのラインナップは、5G NRデバイス設計の初期段階から、デバイス製造のための承認取得までをカバーしています。

Rohde & Schwarz

ローデ・シュワルツが、バルセロナで開催のMWC21において、モバイル・ネットワーク用インフラの設計から生産にまで対応したテスト技術を紹介

 無線アクセス・ネットワーク(RAN)の実状を見ると、マクロ・セルからスモール・セルまで様々な規模の基地局で構成され、それぞれ多様な種類のインフラ設備が整備・運用されているのが分かります。特に5G NR技術の発展にともない、MIMOによる複雑さの増加やビームフォーミング、帯域幅の拡大、ミリ波域におよぶ新しい波長域などから、インフラ設備の試験に困難がともなうようになっています。2021年6月、バルセロナに帰ってきたMobile World Congressにおいてローデ・シュワルツは、多様なニーズに応えるとともに、モバイル産業の皆様が5Gの可能性を最大限に活用できるよう、業界をリードする最新のモバイル・ネットワーク用インフラの試験ソリューションを出展しました。

Contrinex News

磁気誘導型 小型

位置決めや有る無し検出のセンサを選択する場合、よくサイズが重要な制限となります。コントリネックスの小型レンジ、これには市場で最も小さいアンプ内蔵を含みますが、機能上の妥協を必要とせずこの制限に適合します。このレンジのセンサには、従来のクラシックや長距離やフルイノックスの技術を使用しています。

Baslerweb News

Baslerがウェビナー開催を発表:「検査効率をアップする最新マシンビジョンTips 3選〜鉄道検査を例に」

Baslerが、ウェビナー「検査効率をアップする最新マシンビジョンTips 3選〜鉄道検査を例に」の開催を発表しました。7月29日(木)開催予定の同講座では、マシンビジョンシステム構築のコストや労力の削減を実現する3つのポイントが、鉄道検査を例に詳しく紹介されます。

Pulspower News

船舶用の新しい480W電源

船舶やプロセス産業向けの24V/20AのDINレール電源CP20.245-R2は、海上および陸上で使用可能です。

フォローする