Fischer Connectors

画期的なコネクティビティ技術によって、嵌合、クリーニング、組込み これらすべてが容易に:新製品Fischer FreedomTMシリーズ

高性能丸型コネクタおよびケーブルアセンブリをグローバルに展開するコネクティビティ・ソリューションプロバイダーのフィッシャーコネクターズは、堅牢性、小型化、高速データ転送、密封性、ウェアラビリティにおいてイノベーションの新境地を開く取り組みを継続しています。

EPLAN

道をつなげて: Store Share Viewがクラウドへご案内

データをクラウドに置き、そのデータを使って、共同作業を可能にすると取り組みは、これからのトレンドです。ただ、多くの企業ではどう取り組めばよいのかお悩みのようです。そこでEPLANは、これをサポートするStore Share Viewを開発しました。Microsoft Azureをベースに自社開発したこのソリューションは、EPLANのプロジェクトをクラウドに移すサービスです。同時に、将来クラウド同士を接続させる基盤にもなります。その第一歩として、ハノーバー・メッセでは、Store Share Viewを使い、プロジェクトを表示して検討を加え、ワークフローに赤線で注釈を加えるような使い方をご紹介しました。これはスタート地点にすぎません。ドイツ・モンハイムに本社を置く総合電気CADのEPLANは、お客様がさらにその先に向えるよう、クラウドへの道を一歩一歩ご案内します。データを共有管理することにより、プロジェクトに関わる(下流工程も含めて)すべての人が、簡単にEPLANのデータを利用できるようになれば、ユーザーには大きなメリットとなります。すべての端末、すべての場所から、またEPLANをインストールしていなくても、データへの自在なアクセスが可能になるからです。

EPLAN

さあ始めましょう: クラウドのEplan Cogineer Advancedで自動化を

総合電気CADのEPLANは、EPLAN Cogineer Advancedによる自動化ソフトウェアをクラウドベースのSaaS(Software as a Service)形態で提供することを、ハノーバー・メッセ2018で先行公開しました。マクロを定義する「デザイナー」とデザイナーの作成したマクロを使用して回路図を生成する「プロジェクトビルダー」という2つの機能は、それぞれライセンス提供するクラウドベースのソリューションとしてのみ、ご使用いただけるようになります。当然ながら、データ・セキュリティの保証も万全です。たとえば「デザイナー」では回路図の自動生成のためにルール群やマクロを定義しますが、これに対するユーザー権限は新しい「Rights Management機能」によって明確に定義できます。

PEPPERL+FUCHS FACTORY AUTOMATION

一挙両得! アナログ近接センサ「PMIシリーズ」―インダストリ4.0に対応

Pepperl+Fuchs(ペッパール・アンド・フックス)の新しいPMI F90誘導式アナログ近接センサは、1つの可動ターゲットの絶対位置はもとより、2つの可動ターゲット間の距離も精密に検出可能です。また、IO-Link技術により、広範な通信機能を備えているため、インダストリ4.0コンセプトによるアプリケーションへの対応にも万全です。さらに、特許技術のマルチ・コイル方式により、最大限の測定精度を保証しています。

ARC INFORMATIQUE

Adeunis社とARCインフォマティックの協力で、グルノーブル・アルプス大学病院のIoT環境を統合するビル管理システム(BMS)の構築が実現

IoT技術でよく知られた両社は、中核となる通信技術にLoRaWANを採用した既存のビル管理システム(BMS)と新世代のIoT機器との統合を実現するため、それぞれのソリューションの融合を図りました。

EPLAN

オンライン技術フェア4.0: EPLANが第3回オンライン・フェアを開催します

前回よりさらにパワーアップした、電気設計に関する技術トレンドをご紹介するオンライン・フェアを、5月15日にEPLANとグループ企業のCideon社が開催します。今回のオンライン・フェアでは新たな試みとして、今年のハノーバー・メッセに連動したデジタル展示を行うブースを設けました。興味をお持ちの世界中の皆さまが、それぞれの場所からバーチャル・ツアーに参加いただけます。また、過去2年のオンライン・フェアを通じてご好評頂いた展示はそのまま引き継ぎました。情報豊かなプレゼンテーションや最新版ソフトウェアのライブデモはもとより、世界中の専門技術スタッフとのチャットや他のお客様とのネットワークを構築する機会もあります。

Aerotech

クロスローラ・ベアリング採用のボールねじ直動ステージ、最高の精度と柔軟性を実現

ストロークを250mmとし、クリープ防止機構のクロスローラ・ベアリングを採用、さらにオプションとして位置フィードバックを直接行えるセンター・マウントのリニアエンコーダもご用意しました。Aerotechの直動位置決めステージATXシリーズは、こうした多様な特長とオプションによって、大型機械への組込みを容易にするとともに、スタンドアローンの位置決め軸としても使用できます。また、真空およびクリーンルーム仕様の製品も利用いただけるほか、温度補正機能ThermoComp®を合わせて用いると、環境変化のある場所でも信頼性の高い性能を確実に発揮します。

Seco Tools

人工膝関節の機械加工速度を大幅に高める新しいセコ・ツールズ超硬ソリッド切削工具

セコ・ツールズが、業界初となる人工膝関節の機械加工専用製品ラインを発売 しました。新しい Jabro® 超硬ソリッド切削工具の医療用ラインには、高速加工などの各種機械加工方法が組み合わせて採用されており、人工膝関節の機械加工時における部品のサイクル時間を 50%短縮します。

フォローする