BALLUFF

爆発の危険がある区域に対応した磁歪式リニアスケール

精製所や石油化学工場では、石油やガスの送配に制御バルブや閉止バルブが用いられています。そうしたバルブでの弁の位置は、位置測定システムを用いて管理されています。その方が、極めて信頼性が高く、とりわけ非常に過酷な環境においても有効なためです。加えて防爆性が最優先事項である場合には、バルーフが提供する防爆認定済みの新しい位置測定システムBTL7-T500が最適です。

PEPPERL+FUCHS FACTORY AUTOMATION

新しい光電センサ「R200」「R201」―検出距離が拡大

2018年4月、ドイツ・マンハイム: 光電センサ「R200」と「R201」は、Pepperl+Fuchs(ペッパール・アンド・フックス)による革新的な製品設計によって、より長い検出距離での応用が可能になりました。小型の「R100」「R101」「R103」シリーズと同様に、この新しい製品はいずれも、特殊な取付け条件に対応できるようハウジングデザインを少し大きくして、R10Xシリーズ同様に、各種の光電測定法式を盛り込みました。操作性もすべてのシリーズと共通で、直感的に使用できます。このようなSmart Sensor Profileを経由した、標準IO-Link接続により、R100・R101・R103シリーズと、新しいR200・R201シリーズは、利便性と信頼性の統合を可能にします。

Fluke Process Instruments

フルーク・プロセス・インスツルメンツの新しい温度ロガーDatapaq DP5、はんだ付けや塗装硬化処理に広く対応。

フルーク・プロセス・インスツルメンツ(Fluke Process Instruments)は、エレクトロニクス産業や液体・粉末塗装産業での短・中時間プロセスにおける温度プロファイリングに向け、データロガーの新シリーズを発売します。

Fluke Process Instruments

新しい産業用サーマル・イメージャが登場

フルーク・プロセス・インスツルメンツ(Fluke Process Instruments)は、可視光カメラを内蔵したサーマル・イメージャの新シリーズを発売します。

SOURIAU – SUNBANK Connection Technologies

エスターライン・コネクション・テクノロジーズ―スリオの幅広い光ファイバ向けソリューション

スリオは、40年にもわたって光ファイバ・コネクタを開発してきました。電気通信や製造業で光ファイバの利用が始まるとすぐに、その光ファイバに対応したコネクタ・ソリューションの開発が必要だと考えたからです。もちろん、電気接続用に設計されたコネクタとは根本的に異なるソリューションです。

Control Techniques

Control Techniques、世界最強の男の力を得る

可変速駆動装置の専門企業であるControl Techniquesが、世界最強の男との大胆なパートナーシップを発表しました。

Softing Industrial Automation GmbH

ソフティングが、モバイル・タイプのマルチプロトコル対応インターフェイスを発売。フィールド機器の設定に活躍

ソフティングのmobiLinkによって、工場のオペレータやシステム・インテグレータ、機器開発者などプロセス産業に関わるユーザーは、移動しながらフィールド機器に容易にアクセスできます。ソフティングのCommunication Configuratorなど関連ソフトウェアと組み合わせれば、設定や試運転、診断、モニタリングに最適です。mobiLinkは、FDTフレーム・アプリケーションや主要なエンジニアリング・ツールもサポートしています。トランスミッタやバルブなど、HART機器およびFoundation Fieldbus機器にアクセスできます。なお、PROFIBUS PA機器へのアクセスは、2018年7月1日からご利用可能になります。

フォローする