Seco Tools

製造業における無駄の実践的な管理法

メーカーは、最高の生産性と効率を達成できる方法を常に求めています。 現在こうした取り組みには、近頃流行りのクラウドコンピューティング、データ駆動型製造、サイバーフィジカルシステム、インダストリー 4.0 などを採用した高レベルのプログラムが取り込まれることが増えています。こうした先進的な取り組みは優れたコンセプトであり、目覚ましい成果を達成する可能性がありま す。しかし、実際の製造現場ではこのような意欲的な計画実行が阻害されており、製造工程では無駄が管理されていないのが切実な現状です。

PORTESCAP

より高い性能を実現 性能と効率を兼ね備えた22mm高トルク遊星ギヤボックスを新発売

ポルテスキャップは、新しい22mm高トルク遊星ギヤボックスを発表しました。金属ギヤボックス設計と特殊設計のギヤを特徴とし、推奨最大速度12,000rpmで、最大連続トルク3.7Nm、効率62%~82%を実現しています。

HAIMER

IDチップ飛出し事故・・・

・・・工程の安全性にツールホルダーは重要な役割を担っています。

PEPPERL+FUCHS FACTORY AUTOMATION

マルチプロトコル対応の機能性とM12電源プラグを備えたEthernet IOモジュール:新たに8ポートIO-Linkマスター機能も内蔵

インダストリ4.0対応ソリューションの必須アイテム。Pepperl+Fuchs(ペッパール・アンド・フックス)の新Ethernet IOモジュールは、1台のデバイスでPROFINETやEtherNet/IP、EtherCATなど一般的なすべてのEthernetプロトコルをサポートします。また、内蔵のIO-Linkマスター機能によって、総合的な診断やパラメータ化も可能です。Lコード・インターフェイスのM12電源プラグで最大16Aの電流を供給するため、設置コストも削減されます。さらに論理機能を内蔵したモジュールとして、自動化アプリケーションに対応でき、制御盤の完全な代替や、あるいはステータス・メッセージだけを処理するといった使い方も可能です。このようなEthernetモジュールなら、インダストリ4.0対応のソリューションに向けた基盤が整います。

PEPPERL+FUCHS PROCESS AUTOMATION

危険区域でのスイッチングや制御に向けた製品を新たに拡充

Pepperl+Fuchs(ペッパール・アンド・フックス)は、長年にわたり、危険区域での電気的スイッチング機器に力を注いできました。そこで、ハノーバーメッセに向け、防爆電気機器の製品ラインナップを大きく刷新、拡大しました。

BALLUFF

後付けも簡単:BalluffからEasy Tool-IDが登場 ツール管理に、手ごろなエントリー・ソリューション

Balluffの産業用RFIDを用いてツール識別を行えば、生産効率が向上し、ツールの誤った配置やツールが見つからないといったことも無くなります。そのため、稼働時間とツールの運用を最適化できます。さらに、寿命を超えたツールの使用によるスクラップの発生や修正加工の必要性を実質的に排除できます。今回Balluffでは、Easy Tool-IDとして、ツール管理に対する経済的なエントリー製品をご用意しました。後付けも容易で、簡単な設置と設定で使い始められます。

EPLAN

新しいソリューションを開発:Eplan Cogineer (コージニア) よりいっそう簡単にエンジニアリングを自動化

回路図の自動生成に、容易に対応。総合電気CADのEPLANは、効率的コンフィグレーションのためのまったく新しいソフトウェアEplan Cogineerをハノーバーメッセで発表します。インストール後すぐに使い始められるうえ、たった数回のクリックで回路図の自動生成を行います。このEplan Cogineerは、Eplanプラットフォームに完全に統合されており、シンプルで直感的な操作性を実現しています。コンフィグレーションや製品バリエーション管理に関する専門的な知識は不要です。必要なのは、事前にEPLANプラットフォームに統合した回路パターン(マクロ)を、どのように使用するかということだけです。

フォローする