PEPPERL+FUCHS PROCESS AUTOMATION

筐体幅わずか6mmの回転速度モニター、新たにリスタート防止機能も

Pepperl+Fuchs(ペッパール・アンド・フックス)の信号変換器SC-Systemシリーズが、いっそう包括的にご利用いただけるようになりました。設置幅わずか6mmの回転速度モニター1台で、現在市場に出回るあらゆる2値信号センサのデジタル入力信号が処理できるうえ、新たにリスタート防止機能も備えました。この機能では、短時間でも制限値を上回ってしまった場合、潜在的なエラーを見つけてリスタート前に修正可能なよう、リセット入力が無ければ同モジュールが作動しないようにできます。

PEPPERL+FUCHS PROCESS AUTOMATION

高機能なサージ保護システムM-LB-5000

診断機能に加え、わずか6.2mmの取付け幅というモジュール性。Pepperl+Fuchs(ペッパール・アンド・フックス)の新しいサージ保護システムM-LB-5000には、こうした特長が集約されています。シングル・チャネルのモジュールとして、このような機能性をご提供することで、工場の稼働率向上と全体的な運用コストの最適化を支えます。

PEPPERL+FUCHS PROCESS AUTOMATION

サージ電圧から簡単に保護

新しい「M-LB-2000」システムは、回路遮断機能と全く同じようにサージ保護を行い、簡単な保守やコミッショニングを実現します。そのため、最小限の構成で済ませたいアプリケーションでの利用に最適です。

HMS Industrial Networks AB

HMS Networks AB (publ)が、WEBfactory GmbH社株式の過半数を取得

2019年3月13日、スウェーデン・ハルムスタッド: HMS Networks AB (publ)の完全子会社HMSインダストリアルネットワークス(HMS Industrial Networks AB)は、ドイツ・ブーヒェンの企業であるWEBfactory GmbH社全株式の74.9%を取得しました。WEBfactory GmbH社は、IIoTに向けたwebベースソフトウェア製品のリーディングプロバイダーです。

EPLAN

製品品質向上とプロセス効率化に導く新しいクラウド戦略―EPLAN ePulse

総合電気CAD EPLANは、長きにわたりクラウド型システムを提供してきました。その一つであるEPLAN Data Portalは、メーカー提供の部品データをダウンロードできるライブラリとして世界的に普及しています。またEPLAN eViewは、2019年初頭に機能を拡大し、ECADプロジェクトの閲覧や検証、ワークフローへのコメント付与ができるようになりました。さらに新たなEPLAN ePulseによる、アジャイルクラウド開発がお客様との対話やパートナー企業との連帯を通し、組織的に進行しています。最新ソリューションのEPLAN ePulseは、クラウド型システムの包括的なネットワーク基盤として、世界中のデータやプロジェクト、技術分野、そしてエンジニアを統合します。

フォローする