www.engineering-japan.com
ZF News

ZFとCATL、Eモビリティとエナジーストレージのアフターマーケットサービスでの提携を推進

Contemporary Amperex Technology Co., Limited (以下、CATL)とZFグループ(以下、ZF)は、アフターマーケットサービス事業でのサービスネットワーク、バッテリー関連のトレーニング、コネクティビティ、リサイクル&リユース等に関する協業を進めるため、戦略的パートナーシップ協定を締結しました。

ZFとCATL、Eモビリティとエナジーストレージのアフターマーケットサービスでの提携を推進
  • ZFとCATLは、アフターマーケットサービス事業での協業を推進するため、グローバル戦略的パートナーシップ協定を締結
  • このパートナーシップで、ZFとCATLが持つEモビリティ分野における競争力を向上
  • 持続可能な自動車および産業向けエコシステムの構築のため、両社にとって重要な役割

この合意に基づき、ZFとCATLは知識と経験を互いに共有し、持続可能なエコシステムの実現と、誰もが経験できる魅力的なモビリティの提供を目指します。

新エネルギー技術のグローバルリーダーであるCATLは、この協業を通して自社のアフターセールス能力と効率をグローバルで強化します。自社のアフターマーケット部門としてグローバルで10,000を超えるワークショップパートナーを持つZFは、OEM品質の電動車向け製品にも注力しており、今後CATLがサービスネットワークを拡大するにあたり、優先される選択肢になるでしょう。今回の合意の下、CATLはZFに包括的なバッテリートレーニングのノウハウを提供し、ZFのDGUV高電圧トレーニングと組み合せることで、研修プログラムやその他アフターサービスの競争力をさらに強化します。

両社はまた、業界のベンチマークとなる基準を共同で確立し、向上させることにも合意しました。

さらに、ZFグループとCATLは、持続可能性についての共通のビジョンおよびミッションに基づき、データコネクティビティとリサイクル・リユースについても協力していくことにも合意しました。

ZFグループの取締役会メンバーであるホルガー・クライン博士は以下のように述べています。「このクリエイティブなコラボレーションにより、私たちは革新的ビジネスを直ちに開始することができます。私たちは、自社のアフターマーケット事業を利用し、新エネルギーの世界的リーダーをサポートできることを誇りに思っています。 またCATLと協力することで、ZFのアフターマーケット事業部のグローバル拠点および主要なサービスソリューションをさらに活用することができるでしょう。そして、私たちは、自然界の再生と改善に貢献していきたいと考えています。 ZFは、グリーンエネルギーの活用と低炭素排出の企業責任を追求しており、『ゼロエミッション、ゼロアクシデント』というビジョンの実現に取り組んでいきます」。

CATLの社長であるZhou Jia(周 佳)氏は以下のように述べています。「ZFとのパートナーシップは、バッテリーにおけるグローバルで包括的なバリューチェーンを開発するための重要なステップです。 ZFの持つ世界中のネットワークにより、私たちはグローバルでのアフターマーケットサービスをさらに強化し、顧客主導の新エネルギー製品を世界に提供し続けます。ZFとともに、車両の電動化と排出量ネットゼロといった世界的トレンドに貢献できると確信しています」。

ZFグループとCATLは、技術革新だけでなく、主要なアフターマーケットサービスを通じて、次世代のモビリティの形成における主導的役割を果たすことができると強く確信しています。新しい戦略的パートナーシップにより、変革における課題に対して、説得力のある答えをより効率的に見つけることができるでしょう。

www.zf.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする