www.engineering-japan.com
Toshiba News

電流検出抵抗レスの40V/2.0Aステッピングモータードライバーの発売について

外付け部品を削減し実装基板の省スペース化に貢献。

電流検出抵抗レスの40V/2.0Aステッピングモータードライバーの発売について

当社は、OA機器や産業機器(金融機器など)向け定電流制御対応ステッピングモータードライバーシリーズのラインアップに、電流検出抵抗レスで定電流モーター制御が可能な新製品「TB67S539FTG」を追加しました。

新製品は、当社最新[注1]のDMOSFET素子を用いることにより、モーター出力電圧定格40V・モーター出力電流定格2.0A[注2]を実現しました。

定電流モーター制御に使用する電流検出部を内蔵することにより、外付け電流検出抵抗を不要としています。また、モーターを制御するHブリッジ回路は、Nch-Nch構成を採用し、出力段を制御するためにチャージポンプ回路を内蔵しています。Nch-Nch構成の場合、チャージポンプ用の外付けコンデンサーが必要になるのが一般的ですが、新製品はチャージポンプ用の外付けコンデンサーを内部に取り込んでおり、外付け不要です。これにより、実装基板の省スペース化に貢献します。

4.5Vから34Vまでのモーター駆動用電源に対応しており、24V駆動のアプリケーションのみならず、12V駆動の監視カメラやプロジェクターなどのアプリケーションにも幅広く使用可能です。

パッケージは、使用時の放熱特性を考慮して小型QFN32パッケージを採用し、さらに出力トランジスタードレイン・ソース間オン抵抗(上下和)を標準0.8Ωと低く抑えたことで、発熱量を軽減します。

[注1] 2021年9月時点。
[注2] 実際に駆動可能なモーター電流値は、周囲温度や電源電圧などの使用条件により制限されます。

応用機器
OA機器、産業機器(金融機器など)

新製品の主な特長

  • 電流検出抵抗が不要
  • チャージポンプ回路用の外付けコンデンサーが不要
  • スリープモード時の消費電流が小さい : IM1=1μA(max)@スリープモード時

新製品の主な仕様
(特に指定のない限り、@Ta=25°C)

電流検出抵抗レスの40V/2.0Aステッピングモータードライバーの発売について

www.toshiba.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする