www.engineering-japan.com
SOURIAU – SUNBANK Connection Technologies

スリオのハーメチックコネクタ 広範な製品ラインナップで専門的な産業分野に対応

スリオは、特に民間/軍用航空機や過酷な環境での利用に向けたハーメチックコネクタとして、EN3646・EN2997・MIL-DTL-38999など多数の規格に準拠した幅広い製品を提供しています。こうしたハーメチックコネクタは、その特殊な技術や製造プロセス、品質管理がとりわけ優れているのが特長です。

スリオのハーメチックコネクタ 広範な製品ラインナップで専門的な産業分野に対応

  スリオの精神:顧客サービスから製品品質、納品管理まで、すべてがファーストクラス

  航空機産業という厳しい分野で、スリオは高い評価をいただいています。お客様のニーズに応えながら、高水準な生産品質を維持するとともに、極めて効率的な納品管理体制を築いているからです。なかでも納品管理体制については、当社から直接納品する場合も、正規代理店を通じて納める場合も、リードタイム削減と納期厳守をグローバルで確実なものとしています。代理店に製品を在庫してもらうことで、お客様が試作品開発や保守にコネクタが必要になった際にも、すぐに供給できる体制としています。

標準製品および特殊製品を豊富にラインナップ

  ハーメチックコネクタのプロダクトマネージャーArnaud Calvetは次のように説明しています。「当社が航空機分野に向けて製造しているコネクタは、すべてのシェルサイズとピン配列について、ハーメチックタイプも提供しています。さらに、お客さまのご要望に応じて、フィードスルーや熱電対コネクタ、圧着端子仕様などの特殊製品もご用意してきました。」

将来性の高いスリオ製ハーメチックコネクタ

 「航空機分野では、ハーメチックコネクタの需要が市場で著しく伸びています。航空機には、様々な種類の電子機器が搭載されており、そうした機器は外部からの液体の侵入を防ぐ必要があるからです。さらに、航空機のあらゆる場所で利用されるセンサ(圧力・温度・速度・振動・歪みなどを測定)の数も増えていると当社はみており、ランディングギアやフラップ、尾翼のアクチュエータのほか、飛行制御装置やモータ回路などに対してハーメチックコネクタが求められることもあります。」  (プロダクトマネージャー Arnaud Calvet)

実績に裏打ちされた技術

  お客様の装置とスリオ製コネクタ間の気密性は、2か所で保持されます。1つは装置に対するコネクタの取付け部、もう1つはコンタクトとシェル間です。スリオ製ハーメチックコネクタの製造プロセスでは、通常の絶縁体の代わりにガラス製絶縁体を用います。コンタクト配列に応じたシェルに焼結ウェハを入れ、オートクレーブで1000°Cに加熱して溶融させます。加熱・冷却サイクルの効果により、ガラスがシェルと各コンタクトの間に引き込まれ、最終的な気密封止が実現します。

スリオ製ハーメチックコネクタの可能性

  ハーメチックコネクタの市場は、航空機の他にも産業界で拡大しています。コンパクトかつ、背面アクセサリが不要で軽量なことが評価されているからです。こうした新たな可能性に、当社はすぐに対応可能です。」(プロダクトマネージャー Arnaud Calvet)

 http://www.esterline-connection-technologies.com/en-en/products/connectors/hermetic-connectors

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする