www.engineering-japan.com
SOURIAU – SUNBANK Connection Technologies

新しいバックシェル製品を開発

サンバンクが開発したシングルアーム コンポジットバックシェル(複合材料製シングルアームバックシェル)は、防衛・航空・宇宙分野やその他の環境が厳しい用途で、信頼性と機能性において際立った性能を安定して発揮できる、特別な設計が施されています。当社の設計部門が、ケーブル接続の損傷を防ぎより良いストレインリリーフを提供するための、様々な対策やニーズを考慮し開発しました。このシングルアーム バックシェルのシリーズには、ストレート・45°・90°の3タイプがあります。また、MIL-DTL-38999シリーズI・II・IIIコネクタの全サイスに対応した仕様を満たすよう設計されています。

新しいバックシェル製品を開発
 シングルアーム バックシェルは、バラ線結束に対し優れたサポートとストレインリリーフを供給するだけではなく、半田付け可能な接地ラグにより、信頼性のある接地処理も行えます。この新しいバックシェルは、その柔軟性から、様々なめっきの組み合わせをサポートし、特殊用途に要求されるニーズにも対応可能です。

 また、シングルアーム バックシェルは、経済的に費用効果が高く設計されていますが、同時に高品質な熱可塑性樹脂を採用することにより、高い信頼性も兼ね備えています。特に軍用および商用EWIS(統合電気配線システム)では、部品の重量削減・耐腐食性・電磁干渉に対する保護が必要となりますが、こうした極めて重要な用途や厳しい環境を想定してデザインされています。

 このシングルアーム バックシェルには、ダイカスト製の金属バックシェルに比べて多くの利点があります。複合材料製品シリーズとして、高度な技術に基づいて製造された熱可塑性樹脂を利用しており、電磁妨害を受けにくく(ステルス性)、軽量(アルミに比べて40%以上軽量)なため共振が少なく振動にも高い耐性を備えています。こうしたバックシェルの軽量化は、電気システム全体の重量削減につながり、それぞれの航空機の燃費向上と環境負荷低減に貢献します。

 新たなSingle Arm技術の開発によって、ディテント式セルフロックのメリットも活用いただけるようになりました。これは、非腐食性のクリップを内蔵したラチェット式カップリングリングによるロック機構です。取り付けに際して、明確なラチェット音で正確な篏合を保証します。

 


 
新しいバックシェル製品を開発

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする