www.engineering-japan.com
Igus News

金属部品からポリマーへ簡単に置き換え肉厚すべり軸受 イグリデュールM210・M260

イグス は、すべり軸受のラインアップに中荷重用のイグリデュールM210・M260を加えました。この高機能ポリマー製品は、肉厚の金属製ベアリングからの置き換えが非常に簡単です。

金属部品からポリマーへ簡単に置き換え肉厚すべり軸受 イグリデュールM210・M260

軸受部の無潤滑・メンテナンスフリーを実現でき、建設・農業機械など過酷な使用条件下で作業時間とコストの削減に大きく寄与します。

新しいポリマー製すべり軸受イグリデュールM210・M260は、肉厚が最大5mm、内径は20・30・40・60mmです。特に、中荷重(10Mpa)の揺動用途に適しています。金属製ベアリングからの交換では設計変更が不要なため、簡単な置き換えが可能です。建設機械、農業機械など常に過酷な環境にさらされる用途に使用できます。また軸材質との相互作用により、さらなる強みを発揮します。例えば、イグリデュールM260すべり軸受は、STKM12A軸と組み合わせることで、より優れた耐摩耗性を示します。

ポリマー製ベアリングでは、軸受部が多い機械や車両でコストと作業時間を大幅に削減できます。外部潤滑剤を要する金属製とは異なり、本製品の材質には固体潤滑剤が含まれ潤滑剤が不要だからです。そのため汚れやほこりが付着せず清掃が不要となり、環境に優しいという利点もあります。さらに、金属製ベアリングより軽量なため、機械やシステムの電力消費量を削減することができます。

堅牢性と軽量化を両立
イグリデュールM210・M260すべり軸受の材質は繊維と充填材により強化され、軽量でも十分な堅牢性を実現しています。40MPaの高い面圧、連続的な局部荷重、-100℃~+140℃の温度(M260)にも耐えられるようになりました。

イグス試験施設で、ポリマー製ベアリングについて中荷重の揺動運動のテストを実施したところ、数千サイクル後でも、目に見える摩耗が少ないことが実証されました。テストでは、屋外のフロントローダー試験台を使用しました。標準試験に加え、こうした応用試験で得られる情報が、材料開発には不可欠です。試験結果はすべてイグリデュール エキスパートに送られ、オンライン上で、M210とM260の耐用年数を特定の条件下で計算することができます。

製品の詳細は下記Webページでもご覧いただけます。
イグリデュールM210
https://www.igus.co.jp/info/iglidur-m210-plain-bearings-for-high-load

イグリデュールM260
https://www.igus.co.jp/info/iglidur-m260-plain-bearings-for-pivoting-applications

www.igus.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする