www.engineering-japan.com
IDS Imaging Development Systems GmbH

どの IDS 産業用カメラよりも高速: uEye Warp10、10GigE 搭載

高速で新たな領域に足を踏み入れましょう。高速に移動するシーンをあらゆる細部まで余さず撮影する場合、適切なセンサーに加えて、高性能転送インターフェースが不可欠です。IDS Imaging Development Systems GmbH は、新しいカメラファミリーとして uEye Warp10 を発売しました。10GigE に対応し、ギガビットイーサネットベースのネットワークにおいてきわめて高いフレームレートで、ほぼ遅延なくデータを転送します。Sony Pregius シリーズの IMX250 (5 MP)、IMX253 (12 MP)、IMX255 (8.9 MP) センサーを搭載した最初のモデルが発売されました。

1GigE カメラと比較して、uEye Warp10 モデルの転送帯域幅は最大 10 倍にも達し、USB 3.0 インターフェース搭載のカメラの約 2 倍でもあります。得意とする分野として、シーンをあらゆる細部にわたってモーションブラーを起こさずに撮影、モニター、分析する、モーションブラー検査タスクなどで強みを発揮することができます。このため、製品ラインにおける高クロックレートでの点検用途や、スポーツ解析での画像処理システムなどの用途で、高速データ転送を活用できます。

GigE Vision 規格準拠の産業用カメラは、ケーブル長最大 100 m で高速データ伝送が可能です。RJ45 コネクターを使用して標準 CAT6A ケーブル (40 m 未満は CAT5E も可) 経由でリピーターや光学エクステンダーは不要です。丈夫な uEye Warp10 カメラは、 C マウントレンズホルダー付きで提供されます。IDS ではすでに追加モデルに取り組んでいます。今後、TFL マウント (M35 x 0.75) 付きバージョンも発売され、45 MP の高解像度センサーに使用されます。カメラは強力な IDS peak ソフトウェア開発キットでサポートされます。

IDS Vision Channel では、弊社のエキスパートが新しいカメラファミリーの機能や可能な用途を詳しく説明します。ビデオはこちらから無料でご覧になれます。IDS Web サイトの無料ユーザーアカウントがあれば視聴できます。

詳しい情報は : https://jp.ids-imaging.com/ueye-warp10.html


どの IDS 産業用カメラよりも高速: uEye Warp10、10GigE 搭載
- IDS が超高速 10GigE 産業用カメラ uEye Warp10 を発売


  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする