www.engineering-japan.com
Toshiba News

Arm® Cortex®-M3搭載マイコン「TXZ+ファミリ

アドバンスクラス」の新製品量産開始について~民生・産業機器のメイン制御やモーター制御などに対応したM3Hグループ~

Arm® Cortex®-M3搭載マイコン「TXZ+™ファミリ

当社は、40nmプロセスを採用したCortex-M3搭載、新32ビットマイコン製品群「TXZ+™ファミリー アドバンスクラス」として、「M3Hグループ」マイコン21製品の量産を開始しました。本グループは、最大120MHzで動作し、最大10万回の書き換えに対応した最大512KBのフラッシュメモリーと32KBのデータフラッシュメモリー、モーター制御機能にエンコーダー、プログラマブルモーター制御を搭載しました。これによりモーター、モーター家電、産業機器を含めた広範囲な用途に適したマイコンを提供します。

新製品は、汎用通信機能としてUART、TSPI、I2Cのほかに2ユニットのDMACを搭載、民生機器の多様化に対応しています。さらに、デジタルLCDドライバーを内蔵することにより、表示機能の部品点数削減、コントラスト調整容易化、基板配線容易化を可能にしました。

また、さまざまなセンシングに対応するため、AD入力チャネル毎に個別のサンプルホールド時間を設定可能な、最大21chの高速・高精度12bit ADコンバーターが使用可能です。ADコンバーターとの同期動作可能なアドバンストプログラマブルモーター制御回路と組み合わせてACモーター、ブラシレスDCモーターの制御に適したソリューションを提供します。

機能安全対策回路として、ROM、RAM、ADC、クロックのチェック機構を実装したほか、サンプルプログラムの提供で家電機能安全(IEC60730)認証取得をサポートします。

サンプル出荷時には、導入検討に必要な製品ドキュメント類、サンプルソフトウェア、評価ボード、各周辺機能の制御インターフェースを持つドライバーソフトウェア類を併せて提供します。また、グローバルなArmエコシステムパートナーとも協調し、さまざまなニーズに応える開発環境も提供します。

新製品の主な特長

  • 高性能Cortex-M3コア、最大120MHz動作
  • さまざまな民生機器に対応可能な幅広いメモリーとパッケージのラインアップを実現
  • 豊富な機能安全対策回路

主なアプリケーション

  • 民生用機器のメイン制御、家庭用電気製品、玩具、事務機器、ヘルスケア機器など
  • 民生/産業用機器のモーター制御など

www.toshiba.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする