www.engineering-japan.com
Teledyne Flir OEM

テレダイン・フリアーが無人システム向けの赤外線/可視光デュアル・カメラHadron 640Rを発売

米国カリフォルニア州ゴレタおおびフロリダ州オーランド―テレダイン・テクノロジーズの1社であるテレダイン・フリアーは本日、放射温度測定対応サーマルカメラと可視光カメラを統合した高性能デュアル・カメラコアHadron 640Rを発売したことをご報告します。このHadron 640Rの設計は、バッテリー寿命や稼働時間が極めて重要となる無人航空機システム(UAS)や無人地上車両(UGV)、ロボット・プラットフォーム、成長の続くAI対応アプリケーションへの統合に合わせて最適化しています。

テレダイン・フリアーが無人システム向けの赤外線/可視光デュアル・カメラHadron 640Rを発売
解像度640x512の放射温度測定対応Boson®サーマルカメラと64 MPの可視光カメラを組み合せて、サイズ・重量・消費電力(SWaP)を最適化した設計にまとめ、そのままインテグレーション可能としました

Hadron 640Rに内蔵した解像度640 x 512のBoson長波長赤外(LWIR)サーマルカメラは、全暗やグレアの状況でも、また煙や濃霧を通しても撮影でき、各シーンの全画素について温度測定値が得られます。これに64 MPの可視光カメラを追加したことで、Hadron 640Rは、エッジ環境でAIや機械学習処理を行うオンデバイス(On-Device)プロセッサにも対応可能な熱画像と可視画像の両方が得られます。

テレダイン・フリアーが無人システム向けの赤外線/可視光デュアル・カメラHadron 640Rを発売
「Hadron 640Rは、その驚くほど小さいサイズで軽量かつ省エネな仕様により、インテグレータの皆さまがUASやUGVなどといった様々な形態の無人システムに高性能なデュアル・カメラコアを搭載できる最適な条件が整っています。さらに効率を最大限に引き出すとともに、周囲の環境からダストや水がモジュールに侵入するのを防ぐよう保護等級IP54の設計としました」と、テレダイン・フリアーで製品管理を担当する副社長のMichael Waltersは説明しています。

Hadron 640Rを使えば、インテグレータやOEM製品開発企業の皆さまは開発コストを抑制しつつ、製品の市場投入までの時間を短縮できます。しかも、完全なシステムをテレダイン・フリアーというサプライヤ1社でまかなえます。これには、NVIDIA社やQualcomm社など市場をリードするプロセッサ用ドライバのほか、専門技術者の支援チームから業界トップレベルのインテグレーションに対するサポートおよびサービスの提供も含まれています。また、USBあるいはMIPI互換インターフェースを介した柔軟性の高い60 Hz動画出力も備えています。Hadron 640Rは、米国商務省の裁定のもと軍民両用製品に分類されています。

テレダイン・フリアーのFLIR Hadron 640Rは、全世界のテレダイン・フリアーおよび認定代理店から購入いただけます。詳細と購入につきましてはwww.flir.com/hadron640rをご覧ください。
 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする