www.engineering-japan.com
Yokogawa News

【横河ソリューションサービス】工場の安全と稼働率向上を支える設備保全管理業務においてNTTコムウェアと営業協力について合意

 横河ソリューションサービス株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:八橋 弘昌)は、工場の安全と稼働率の向上に不可欠な設備保全管理業務において、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:黒岩 真人 以下、NTTコムウェア)と営業協力を行うことについて、合意したことをお知らせします。

【横河ソリューションサービス】工場の安全と稼働率向上を支える設備保全管理業務においてNTTコムウェアと営業協力について合意

製造業に限らず、幅広い業種において、当社のOpreX™ Asset Management and Integrityのラインアップである設備保全管理システム「eServ(イーサーブ)」が、NTTコムウェアの「プラントコラボ」と協働することによって、設備が生み出す価値をより一層高めていきます。

近年、企業の事業環境が大きく変化する中、生産活動を最適化し、収益性を高める必要性がさらに増しています。そのためには、安全で高品質な生産活動が前提であり、常に適切な設備保全管理を行うことが重要になります。高機能化する生産設備と複合化するシステムに対応し、信頼性を向上させていくには、工場内にある設備保全に関する情報を正確かつ効率的に収集し、活用していかなければなりません。

「プラントコラボ」は、設備のデータだけでなく、工場の運転員や保全員など関係者のタスクやその進捗における情報の管理と共有を円滑に行うことが可能です。また、情報入力の利便性を高めたため、予兆保全に有効な運転員が聞き分けるわずかな異音など、従来は収集ができていない暗黙知の情報も収集することができます。多くの現場が抱える課題である関係者間のナレッジの共有と技能伝承を理想的な形で解決できます。

そして、これらの情報はクラウド型の設備保全管理システムである「eServ」と有機的に連携します。「eServ」は、設備台帳、保全計画や履歴、故障履歴の管理、予備品の在庫管理などの保全業務を包括的に管理する機能を備えています。設備保全に関するさまざまな情報を分析し、効果的な保全計画の策定を支援するため、保全業務の時間と費用の改善につながります。

「プラントコラボ」で収集した設備の安定稼働に必要なデータと、設備のライフサイクルを管理する「eServ」のデータを一元的に参照することで、工場設備の確実な保全管理と安定稼働に貢献し、生産活動の最大化を実現します。

www.yokogawa.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする