www.engineering-japan.com
ABB News

ABB、ASTI Mobile Robotics Groupを買収し、自律型モバイルロボットによる次世代の柔軟なオートメーションを推進

ABBは本日、世界有数の自律移動ロボット(AMR)メーカーであるASTI Mobile Robotics Group (ASTI)を買収することを発表しました。

ABB、ASTI Mobile Robotics Groupを買収し、自律型モバイルロボットによる次世代の柔軟なオートメーションを推進

ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネス プレジデントのサミ・アティヤと ASTI CEOのVeronica Pascual Boé

  • ASTIは、自律型移動ロボット(AMR)市場で、車両とソフトウェアの幅広いポートフォリオを持ち、高い成長率を誇るグローバルリーダーです。
  • 買収により、ロボティクスにマシンオートメーションソリューションが加わり、ユニークなオートメーションポートフォリオを形成し、新たな産業分野への拡大が期待されます。
  • AMR事業は、スペインのブルゴスに本社を置き、ASTI社のCEOであるVeronica Pascual Boéが指揮を執ります。上海のABB ロボティクス工場に、フルバリューチェーンと製造を含むアジアの新AMRハブを開設予定です。

ASTIは、同社のソフトウェアスイートによって実現されるすべての主要アプリケーションに対応する幅広いポートフォリオを有しています。これにより、ABBのロボティクスと自動化の提供が拡大し、次世代のフレキシブルオートメーションのための完全なポートフォリオを提供する唯一の企業となります。

この買収は、ABBの外部成長戦略の重要な部分を占めており、7月19日に契約が締結され、2021年夏半ばに完了する予定です。両当事者は、購入価格に関する詳細を開示しないことに合意しました。

1982年に設立されたASTIは、スペインのブルゴスに本社を置き、スペイン、フランス、ドイツに300人以上の従業員を擁しています。CEOでもあるVeronica Pascual Boéが過半数を所有しています。その他の株主には、欧州のグロースバイアウト投資家であるKeensight Capitalが含まれています。現在では、ヨーロッパ最大級のAMRの設置台数を誇り、20カ国で自動車、物流、食品・飲料、医薬品などの幅広い顧客基盤を持っています。2015年以降、年間ベースで30%近い成長を遂げており、2021年には約5,000万ドルの収益を目標としています。

ABBのロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネスのプレジデントであるサミ・アティヤは、「業界をリードするポートフォリオ、包括的なソフトウェア群、そして成長分野における深い専門知識を持つASTIは、次世代の柔軟なオートメーションでお客さまをサポートする当社にとって最適な選択です」と述べています。今回の買収により、ABBは生産から物流、消費地に至るまで、AMR、ロボット、マシンオートメーションソリューションのフルオートメーションポートフォリオを提供できる唯一の企業となります」「これは、個別の消費者に適応し、消費者需要の大きな変化によってもたらされるチャンスをつかむための、当社のお客さまにとってのゲームチェンジャーです」と述べています。

AMRは、生産、物流、イントラロジスティックス、フルフィルメントから、リテールやヘルスケアに至るまで、かつてないほどの柔軟性をサポートします。これにより、ABBとASTIの共通のビジョンにより、お客さまが今日の直線生産ラインを完全に柔軟なネットワークに置き換えることができます。インテリジェントAMRは、工場、ロジスティクスセンター、研究所、店舗、病院など、スマートに接続されたワークステーション間で材料、部品、完成品を自律的にナビゲートします。

ASTIのCEOであるVeronica Pascual Boé次のように述べています。「職場の自動化を加速させることで、お客さまの柔軟性と競争力をサポートするABBのビジョンは、私たちにとって完璧にマッチします。これは、私たちの旅の次のエキサイティングなステージであり、共にイノベーション計画を加速させ、グローバルなお客さまサービス、パートナーネットワーク、生産および実行能力を拡大し、ABBの市場アクセスを世界的に、特に中国で活用していきます。私は、拡張されたロボティクスの経営陣に加わり、この野心的な成長計画を実現するためにAMRビジネスをリードできることを嬉しく思います」

ASTIの業界をリードするAMRポートフォリオには、自律走行型の牽引車、対人輸送ソリューション、ユニットキャリア、ボックスムーバーのほか、車両のナビゲーションや制御、フリートや注文の管理、クラウドベースのトレーサビリティーシステムなど、包括的なソフトウェアが含まれています。


ABB、ASTI Mobile Robotics Groupを買収し、自律型モバイルロボットによる次世代の柔軟なオートメーションを推進
ABBとASTIは、自動車、食品・飲料、消費財などの製造業に加え、物流、Eコマース、小売、ヘルスケアなどの新たな成長 分野において、深い専門知識を提供しています。

これらは、ABBのロボット、マシンオートメーション、モジュラーソリューション、そしてABB ロボティクスのシミュレーションおよびプログラミングツールであるRobotStudio®を含むソフトウェアスイートのポートフォリオと統合され、ABBのお客さまのためのユニークで包括的なオートメーションポートフォリオを構築します。
ABBとASTIは、自動車、食品・飲料、消費財などの製造業に加え、物流、Eコマース、小売、ヘルスケアなどの新たな成長分野において、深い専門知識を提供します。

世界のAMRの売上高は、2025年までに約140億ドル、年平均成長率(CAGR)は約20%と予測されており1、ABBはAMRの販売とサービスサポートを世界53カ国に拡大する予定です。

ASTI社の本社(スペイン・ブルゴス)は、Pascual Boéが率いるABBのAMR事業本部となりますが、研究開発、エンジニアリング、製品、プロジェクトのバリューチェーンなどの中核機能は、ASTI社の施設で継続されます。ABBは、AMR事業本部の生産能力を大幅に拡大し、欧米で計画されている販売拡大をサポートします。また、中国およびアジアにおけるAMRの成長性を促進するために、ABBは2022年に上海に開設されるロボット工場に、フルバリューチェーンおよび製造を含むアジアAMRハブを設立します。世界最大のロボット市場である中国は、2025年までに年間18億ドルのAMR売上を占めると予測されています。

ABB ロボティクスによる買収は、新しいGoFaおよびSWIFTI協働ロボットファミリーの発表や、建設業界での自動化を推進するといった発表など、新しい分野や初めてのユーザに向けてロボットによる自動化を拡大する発表の直後に行われました。

ここをクリックすると、本日2021年7月20日(火)10:30am CEST (日本時間17:30)に行われる、ABBのロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネスのプレジデントであるサミ・アティヤとASTIのCEOであるVeronica Pascual Boéによる、質疑応答を含むABBのプレスカンファレンスに登録できます。

www.abb.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする