www.engineering-japan.com
ABB News

ABBのBob Stojanovicは、米国で進行中の電動化について「EVの大幅な増加に向けた準備が始まっている」と述べています

ABB ニューヨーク E-Prixに先立ち、北米e-モビリティ担当ディレクターであるBob Stojanovicが、ポッドキャストABB DECODEDの最新エピソードで、米国におけるe-モビリティの重要性と成長の大きなチャンスについての洞察を語りました。

ABBのBob Stojanovicは、米国で進行中の電動化について「EVの大幅な増加に向けた準備が始まっている」と述べています

なぜe-mobilityが重要なのか?

  • 米国は現在、ABBにとって最大の顧客市場であり、グループ収益の約4分の1を占めています。同国では、すべての州の100以上の拠点で約21,000人の従業員が働いており、50近くの製造拠点を有しています。
  • ABBは、10年以上にわたってe-モビリティをリードしてきました。特に米国では、車両OEM、充電ネットワーク事業者、電力会社と提携し、相互運用性を高め、あらゆる種類の車両へのEVの導入を促進しています。

なぜe-モビリティが重要なのでしょうか?
e-モビリティの重要性は、化石燃料を使用しない車両の走行効率が向上することで、温室効果ガスの排出量を削減できることが、最もよく知られている理由の一つです。しかし、Bobはそれ以外にもメリットがあると説明します。

「数年前にニューヨークに行ったときに感じたのですが、ニューヨークでは多くの物がディーゼルトラックで運ばれていて、特にマンハッタンのようなコンクリートジャングルに大量にある場合は、かなりの騒音です。騒音や有害ガスが減少することは、都市部に住む人々にとって人生を変えることになると思います。これはあまり語られることのない要素だと思います」

米国におけるe-モビリティの成長と課題
「ドライバーの立場から見ても、より良い体験ができるため、業界は前進しています。したがって、道路に出てくる車両をサポートするためのインフラが必要なのです」

過去10年以上にわたり、ABBは米国で3,000基以上のDC急速充電器を展開し、ポートランド、ロサンゼルス、セントルイスなどの米国の都市に交通機関や車両用の充電システムを提供してきました。充電器に加えて、ABBはe-モビリティのための総合的なソリューションを提供しています。これには、統合されたバッテリエネルギー貯蔵、エネルギーおよび負荷管理、または双方向充電を使用したグリッドサービスを含む、サイトの完全な電化が含まれます。

ABBは、EVドライバーに可能な限り最も簡単な充電体験を提供し、充電オペレータにさまざまなカスタマイズオプションを提供する、ベストセラーであるTerra HP充電器の強化を続けています。 次世代の350kW Terra HPは、北米全体で増え続けるEVドライバーにプレミアム充電体験を提供します。

「北米はe-モビリティの面ではまだ初期段階にあります。アーリーアダプターにとっては、技術がいかに優れているか、これからどれだけ良くなっていくかを認識でき、素晴らしい経験になったと思いますが、まだ道のりは長いのです。私たちは今、電気自動車の普及に向けた準備を目の当たりにしています。例えば、自動車メーカーでは、今後1年半の間にインフラを整備して、販売店を立ち上げ、EVの販売をサポートできるようにするために、多大な努力をしています」

「私たちは社会として、必要なインフラの費用をどのように負担するかについて合意する必要があると思います。これは州ごとに異なるため、米国では少し難しいところです。 現在物議を醸していることの1つは、道路のコストを助成している燃料税をどのように置き換えるかです。このように、インフラをうまく維持、運営していくためには、考えなければならないことです」

ABBニューヨークE-Prixの役割
e-モビリティの普及を促進するためには、人々の誤解を解くことが重要な要素となります。そのためには、ABB FIAフォーミュラE選手権のような、テクノロジーの限界を押し広げる注目のプロジェクトやイベントが重要な役割を果たします。

「ABBフォーミュラEは、特に我々の業界の人々の情熱に火をつけるものです。モビリティの電動化と、実際に何ができるのかをアピールするには最適なイベントだと思います。正直に言うと、それが現実なのです。私たちは、一見型破りなテクノロジーを使って、どこまでできるかを示しているのです」

ABB FIA フォーミュラE世界選手権は、この週末、4度目の開催に向けてニューヨークへ舞台を戻し、ブルックリンのレッドフックに設置されるサーキットの強力なコンクリートの上で競い合います。今回のレースでは、ABBが初めてE-Prixのネーミングライツを取得し、オール電化シリーズへの長年のコミットメントを強化します。

www.abb.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする