www.engineering-japan.com
ABB News

ABB Decoded: Azipod®電気推進の30周年を記念して

Azipod®推進装置が製造開始してから満30年を迎えた今、ABB DECODEDポッドキャストの最新エピソードでは、エンジニアのJukka VarisとOle-Jacob Irgensとともに、波の下で海事産業に革命をもたらしている技術を探ります。

ABB Decoded: Azipod®電気推進の30周年を記念して
ABBのAzipod®推進システムは、その効率性、持続可能性、そして搭載された船の操縦性の向上により、海事産業に大きな進歩をもたらしてきました。

Jukka Varis(この技術の世界的な責任者であり、このシステムを初期から扱っている)と、Ole-Jacob Irgens(エンジニア出身で、現在はABBのAzipod®システムのセールスおよびマーケティング活動を主導している)が、それぞれの経験と知識を語ります。

Azipod®推進システムとは何ですか?それはどのように機能しますか?
Azipod® 推進装置は、電動駆動モータが船体の外側のポッド内に格納されている、ギアレスで操縦可能な推進システムです。 元々は砕氷船用に開発されたものですが、Azipod®システムはほとんどの船種に対応することができます。現在、クルーズ船から貨物船、砕氷船、フェリー、スーパーヨットまで、25種類以上の船舶にAzipod®テクノロジーが採用されています。

Jukka は次のように説明しています。"Azipod®システムは船外機に似ていますが、はるかに大きく、フル搭載のジャンボ ジェットと同じくらいです。このシステムは、軸を中心に360度回転することができ、あらゆる方向に推力を発生させることができるため、船舶の操縦性が格段に向上します」


ABB Decoded: Azipod電気推進の30周年を記念して
Jukka Varisは、初期からAzipod®システムに取組んでいます。

電力を使うことでエンジンの騒音と振動を最小限に抑え、よりスムーズで静かな乗り心地を実現してします。

効率性と持続可能性の利点
過去30年間で、Azipod®推進の真の効率の良さがますます明らかになり、船舶に高い性能、信頼性、持続可能性をもたらしています。

Azipod®システムは、従来のシャフトライン推進に比べて、燃料消費量を最大20%削減します。Ole-Jacob は次のように付け加えています。「25 年前のクルーズ船への最初の導入以来、業界はこれらのクルーズ船だけで 百万 トン以上の燃料を節約したと推定しています」


ABB Decoded: Azipod電気推進の30周年を記念して
Ole-Jacob Irgensは、Azipod®推進装置のグローバルセールスを担当しています。

Azipod®推進は、燃料消費量を削減しながら、個別の砕氷船の支援を必要としない北海ルートなど、これまで実現できなかった新しい航路の可能性を広げました。

Ole-Jacobが説明します。「船はヨーロッパとアジアの間をより短いルートで結ぶことができ、輸送にかかる日数を短縮することができます。そのためには、氷を通過できる船が必要ですが、Azipod®のユニークな機能がそれを可能にしてくれます」

Azipod®推進の成功と将来
Azipod®の推進力にはさまざまなメリットがあり、多くのアプリケーションが考えられます。チームは現在、いくつかの興味深いコンセプトに取り組んでいます。

Ole-Jacobは次のように述べています。「1つのコンセプトは、Azipod®を浮体式発電所に使用することです。浮体式発電所では、発電所を所定の位置に設置し、その状態を維持し、必要に応じて再び移動できるようにするためにスラスタが必要です。また、魚の養殖分野での利用も考えられます。従来、養殖場は固定されていましたが、設備の大型化に伴い、より柔軟に移動することが求められています。将来的には、画期的なアプリケーションがたくさん出てくることでしょう」

www.abb.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする