www.engineering-japan.com
BALLUFF

どのような機器にも使える汎用のビジョンセンサ

バルーフ社のビジョンセンサBVS-E Uniersal

どのような機器にも使える汎用のビジョンセンサ
バルーフ社の新製品BVS-E Universalビジョンセンサは、信号処理回路と照明技術、2個のデジタル出力を内蔵する汎用のセンサです。実績のあるBVS-E AdvancedとBVS-E Identのビジョンセンサを一つのデバイスに内蔵しています。一つの製品ですべての外観検査を行う業務に最適な初めての製品です。在庫管理をかなり簡単にします。

BVS Universalは、1回でかなりの数の特性を外観検査できるだけではなく、輝度の検査やコントラストの比較、エッジの計測、位置のチェック、パターン検出、コードの読み込みなどの様々な業務を同時に実行できます。360度の縁取りやバーコード、データマトリクスのチェックなどのツールも新規に追加できます。これらに加えて、縁取りの計測とチェックの技術オプションは、本質的に無限の応用の可能性があります。

チェックの結果は、デジタル出力あるいはRS232/Ethernetインターフェースを通して、GO/NOGO判定を行います。検出された部品の位置は、PLCや例えばロボット制御などに送られ、次の工程に向けて部品の向きを整えます。

この汎用デバイスは高速動作が可能で、1秒間に最大40個のバーコードやデータマトリックスコードの位置を見つけ、読み込み、位置に関係なく確認検証します。このコードデータはインターフェースを通して、それ以降の工程に使われます。

加えて、光学的文字検証(OCV)機能がバッチ番号や保証寿命年月日などが印刷された文字や数字の列を確認します。

BVS-Universalビジョンセンサにはいろいろなレンズも揃えています。高出力の積分赤色光や赤外LED光が画像領域を完全に照射します。電源や周辺回路は業界実績のあるM12コネクタで接続できます。

この頑丈でハイエンドのセンサはクレジットカードのサイズなので、直感的なユーザインターフェースを通して提供されるConVISソフトウエアを簡単に使うことができます。ユーザーはセンサをパソコンにつなぎ、パラメータを構成し、無料のコンフィギュレーションソフトウエアを使ってセンサを動かせばよいのです。Windows XPとWindows 7上で走ります。しかも、最大1万枚の検査画像をコンピュータに保存できるオプションもあります。これは、例えばトラブルシューティングに使います。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする