www.engineering-japan.com
HMS Industrial Networks AB

新しいIntesisゲートウェイで、PROFINETとBACnet間の通信が簡単に

HMS Networksは、工場フロアにあるPROFINET対応PLCとBACnet IP/MSTP対応のビル管理システムの間の通信を可能にするIntesisプロトコルコンバーターを新たに発売します。このコンバーターによって、工場フロアとビル設備のあいだにおける完全なデータ統合とモニタリング、制御が可能になります。

新しいIntesisゲートウェイで、PROFINETとBACnet間の通信が簡単に
工場-ビル間の通信で重要な目標が達成可能に
工場では温度や湿度、空気の質などの環境指標をモニタリングして自動制御し、製造現場や作業者にとって最適な状態を保つことが重要です。さらに、HVACや照明システムなどの設備を効率よく制御することで、工場オーナー様にとって大幅な省エネが可能になるとともに、安全な方法で緊急事態に対応できます。
 
しかしながら、システムインテグレーター様が工場-ビル間の接続を計画するときは、異なるプロトコルを接続する難しい通信環境に直面します。一般的にビル管理システム(Building Management System:BMS)では建屋内の設備の制御にBACnetが使用されます。一方製造プロセスの制御では工場ネットワークとしてPROFINETが最もよく使用されています。
 
認証取得済みのIntesis PROFINET – BACnet gatewayで通信を実現
HMS Networksの新しいIntesis PROFINET - BACnet IP/MSTPプロトコルトランスレーターはこうした状況に焦点を合わせ、費用対効果が高くインストールも簡単なゲートウェイソリューションとしてPROFINET対応PLCとBACnetコントローラー間の双方向通信を実現します。このゲートウェイは最大1200データポイントへの接続に対応し、一方はBACnet IP/MSTPサーバー/スレーブ、もう一方はPROFINET用のI/Oデバイスの接続が可能で、独立したEthernetポートも備えています。また、高い通信規格と品質基準を保証するためBACnetのBTL認証を受け、ULマークも貼付しています。
このゲートウェイを工場とビルシステムの間で戦略的に配置することで、工場の機器や機械の消費エネルギーをBACnetベースのBMSシステムから計測する、あるいはPROFINETのPLCからHVACを監視、制御し、さらにはアラームを簡単に定義して管理するなど、とても興味深いアプリケーションを実現することもできます。
 
Intesis MAPSを使用してプロセスの設定や統合を簡単に
Intesis MAPSは、すべてのIntesisプロトコルトランスレーターに共通の設定ツールとして、ゲートウェイの両側の接続に対応するシステムインテグレーター様に対して、とても直観的な設定プロセスを提供します。Intesis MAPSは、BACnetの接続のためのEDEファイルのほか、接続するあらゆるPROFINET対応PLCコントローラーを迅速に設定するためのGSDファイルやTIAポータルTAGファイルという有用なファイルを提供することで、インテグレーター様のプロジェクトをさらに支援します。
 
工場とビルの通信についてのHMSの専門知識を組み合わせた成果
この新しいPROFINET - BACnet対応機種によって、Intesis BACnetプロトコルトランスレーターの総合的なラインナップが拡張されました。HMS Networksは今後も工場とビルを接続するIntesisゲートウェイ製品の新シリーズを段階的に発売することを予定しており、本製品はその最初の製品となります。これらのゲートウェイでは、産業用通信とビル向け通信それぞれで実績のあるHMSのAnybus®とIntesisの通信技術が組み合わされ、世界中で実装された数百万台の製品を通してお客様の信頼を獲得しています。
 
より詳しい情報は www.intesis.comをご覧ください。 
 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする