www.engineering-japan.com
Pilz News

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2とドライブ監視用新増設モジュール - 軸を安全かつ効率的に監視

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2の新しいモーション監視モジュールPNOZ m EF 1MM2DOは、安全モーション監視分野でもカスケード機能や遅延シャットダウン機能を提供します。1軸上で8個までの安全機能を監視する新しいモーション監視モジュールは、効率的なドライブアプリケーションを提供し、生産財と機械を保護します。

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2とドライブ監視用新増設モジュール - 軸を安全かつ効率的に監視

ベースユニットPNOZ m B0またはPNOZ m B1との組み合わせで、PNOZ m EF 1MM2DOはEN ISO 13849-1の最高カテゴリPL e、またはEN IEC 62061のSIL CL 3に準拠し、軸を安全に監視します。モジュールは1軸で8個までの機能(例:安全停止、オペレーションの安全停止、安全速度制限など)を安全に監視します。

イベントの安全な接続

2つの安全半導体出力に加え、新製品のモーション監視モジュールはカスケード入出力も装備しています。システム全体が停止状態に切り替わると、内蔵のカスケード機能で遅延シャットダウンをコンフィグレーションし、その他のモジュールに接続することが可能です。利点: 1つのモジュールがシャットダウンすると、リンクされたすべてのモジュールもカスケードによりシャットダウンされます。この制御されたシャットダウンにより、生産財や機械が等しく、柔軟かつ完全に保護され、機械の高い可用性が保証されます。

軸の安全=生産の安全

新しいモジュールで設定されるすべてのモーションイベントはソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータ(バージョン10.13以降)でコンフィグレーションできます: 安全デジタル出力を直接制御する独立モジュールプログラム(mIQ)が、各モーション監視モジュール用に作成されます。直接制御により高速な応答時間を実現できるため、出力を12 ms未満でシャットダウンします。したがって、設定されたいずれかの制限値を超過した場合(たとえば最高速度を超えるなど)、即座に通知されます。エラー発生時や、保護エリアや検出ゾーンに侵入した場合、安全かつ信頼性の高い反応がトリガーされます。高速な応答時間で人と機械を結果的な損失から保護。

さまざまなモーションシナリオに対応

モーション監視モジュールの非常に安定した産業用Mini I/Oインタフェースを介して、ドライブ用の接続ケーブルを使用して、すべての一般的なインクリメンタルエンコーダを接続できます。そのため、既存の設備や機械も簡単かつ柔軟に改造でき、安全で効率的な軸監視を実現できます。

www.pilz.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする