www.engineering-japan.com
Toshiba News

車載ECU用MOSFETゲートドライバースイッチIPDの発売について

各種保護診断機能、昇圧回路を内蔵した多機能IPD.

車載ECU用MOSFETゲートドライバースイッチIPDの発売について

当社は、ジャンクションボックスや、ボディーコントロールモジュールなどの車載電子制御装置 (Electronic Control Unit : 以下ECU) の電流の導通や遮断を制御するゲートドライバースイッチIPD[注1] 「TPD7107F」を製品化し、本日から出荷を開始します。

新製品は、低オン抵抗の当社車載用NチャネルMOSFET[注2]と組み合わせて、負荷電流に適したハイサイドスイッチを構成できます。メカニカルリレーと異なり、接点摩耗がないため、メンテナンスフリー化と車載ECUの小型化、低消費電力化に貢献します。また、車載ECUに要求される高信頼性に対応した自己保護機能と、マイコンへ出力する診断機能を多数内蔵し、機能を向上させており、接続される負荷とMOSFETの動作を的確に監視します。異常動作発生時は、急速にMOSFETをオフし[注3]、MOSFETの負担を軽減します。

パッケージはWSON10A[注4] を採用し、昇圧回路を内蔵しており、コンデンサーなどの周辺部品を削減できます。スタンバイ時は最大3μAと低消費電流を実現しました。

応用機器

車載機器

  • ECU (ジャンクションボックス、ボディーコントロールモジュールなど)
  • パワーディストリビューションモジュール
  • 半導体リレー

新製品の主な特長

  • AEC-Q100適合
  • 負荷電流に応じて低オン抵抗のNチャネルMOSFET[注2]と組み合わせて使用できる
  • 昇圧回路を内蔵し周辺受動部品の削減
  • さまざまな保護、診断機能を内蔵 (電圧、電流、過熱、電源逆接続、GND断線、短絡など)

www.toshiba.semicon-storage.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする