www.engineering-japan.com
Molex News

BittWare、新しいFPGAアクセラレーションエッジサーバー TeraBox 200DEを発表

エンタープライズクラスのFPGAアクセラレータ製品のリーディングサプライヤーであるMolexのBittWare部門は、まったく新しいエッジサーバー「TeraBox 200DE」を発表しました。

BittWare、新しいFPGAアクセラレーションエッジサーバー TeraBox 200DEを発表

TeraBox 200DEは、データセンター向けサーバーTeraBoxをベースに構築されており、エッジアプリケーションに要求されるより困難で過酷な環境で、世界クラスのFPGAアクセラレーションを展開することが可能です。200DEは、新しいDELL PowerEdge XE2420をベースにした、設置面積の小さい2Uサーバーです。高度に専門化された5G、NFV、予測分析、機械学習推論などのワークロードにおいて、ますます複雑化する要件に対応するため、Achronix、Intel、Xilinxの最新FPGAを特徴とする幅広いBittWareアクセラレータ製品を実装できます。

BittWareのマーケティング担当副社長であるCraig Petrieは、次のように述べています。「ティア1サプライヤーが提供するエンタープライズクラスのエッジサーバープラットフォームが不足しているため、お客様が高性能なFPGAベースのソリューションをエッジに配備するは困難でした。サイズ、重量、電力、環境要件は、重要な課題です。お客様は通常、独自のカスタムプラットフォームを設計する、もしくは認定、サポートおよび完全なライフサイクル管理に対応しているサプライヤーと協力する必要がありました。BittWareは、Dell OEMと長年協力して、PowerEdge XE2420について学び、最新世代のFPGAアクセラレータを認定する機会を得ました。この協力により、過酷な環境および複雑で計算集約型のワークロード向けに設計された、最初のエンタープライズクラスのFPGAエッジサーバーであるTeraBox 200DEが生まれました。」

200DE

BittWareのTeraBox認定サーバープラットフォーム製品群は、最新のFPGAアクセラレータを備えており、リスクとコストを削減しながら、開発と展開を迅速化できます。200DEの主な機能は次のとおりです。

  • 短い奥行きの2Uラックサーバー
  • 2つの第2世代Intel® Xeon® スケーラブルプロセッサ
  • ネットワーク機器構築システム(NEBS)ガイドラインに沿った試験済
  • 拡張動作温度(5°C~40°C)
  • オプションのフィルター付きベゼルで塵埃から保護
  • メンテナンスが容易なフロントアクセス性とコールドアイルサービス性
  • 2つのFHFL PCIeアクセラレータカードのサポート
  • Achronix、IntelまたはXilinx FPGAを搭載したFPGAアクセラレータの選択

- S7t-VG6は、Achronix Speedster7t FPGAおよび400GbEネットワークI/Oを搭載
- 520N-MXは、Intel Stratix 10 MXと16GB HBM2メモリを搭載
- XUP-P3Rは、Xilinx UltraScale+ FPGA、高度なクロック同期およびトリガー機能を備え、4つの100GbEネットワークI/Oを搭載

  • BittWareのM.2、U.2、EDSFF製品を使用した追加のFPGA拡張機能
  • サーバーとFPGAハードウェアをカバーする包括的な3年間保証
  • BittWareまたはDELL Technologiesから直接注文可能

www.japanese.molex.com

 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする