www.engineering-japan.com
HMS Industrial Networks AB

HMSインダストリアルネットワークス、産業用通信向け5Gに関する調査結果を最新ホワイトペーパーで公開

この調査では、業界専門家の半数が製造業における5Gについて肯定的にとらえ、ユニバーサルな接続を確立する方法として考えていることが明らかになりました。

HMSインダストリアルネットワークス、産業用通信向け5Gに関する調査結果を最新ホワイトペーパーで公開
 
産業用通信とIIoTソリューションのグローバルリーダーであるHMSインダストリアルネットワークス(HMS)は2019年春、業界専門家50名を対象に、社内でのワイヤレス通信の位置付けや5Gの運用開始に向けた準備について質問する調査を行いました。HMSのホワイトペーパー「5G: Is the Industry ready?(5G:産業界の対応はいかに?)」では、その調査結果がまとめられ、製造業の現状に関する最新の所見が5Gへの心構えという観点で言及されています。
 このホワイトペーパーでは、5Gテクノロジーに対する産業界の見解を製造業や産業オートメーション業界の最新トレンドそして将来的な業界標準として概説しています。さらに、現在の産業界におけるワイヤレス通信技術の使用状況やこのテクノロジーのこれからの方向性についても取り上げています。
 
主な調査結果:
調査対象者の半数以上(54%)が、設備のリモートモニタリングやリモート操作にワイヤレス通信ソリューションを使用し、3分の1(34%)の回答者が社内のさまざまなIIoTでワイヤレス通信を使用していると回答しています。
調査対象者の半数(48%)が、製造業における5Gについて明らかに肯定的に受け止め、その多くの回答者が、現在使用されているケーブルや信頼性の低いWi-Fi、多くの産業用通信規格に5Gテクノロジーが取って代わるであろうことを高く評価しています。
回答者の過半数(58%)が、5Gを採用するかどうかの判断で決定的なポイントになるのはワイヤレス通信システムの信頼性とロバスト性だと回答しています。この回答はOTとITの両分野から同様に寄せられています。また、調査対象者の4分の1以上(26%)が低遅延性も重要だと述べています。
 
HMS Labs のProgram ManagerであるMarcela Alzinは次のように述べています。「今回の調査結果から、産業用通信で5Gを使用するメリットについて産業界の認識がますます高まっていることが明確になりました。その産業界が本当に必要としているのは技術的な情報と具体的な活用事例です。そこで、この市場の状況について理解を深める助けになればと考え、このホワイトペーパーではごく普通のOT担当者を架空のモデルとして取り上げ、5Gへの取り組みについてご紹介しています。」
  このホワイトペーパーは無料でダウンロードいただけます。https://www.hms-networks.com/industrial-iot-solutions/5G/readyをご覧ください。


  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする