www.engineering-japan.com
TECHNIFOR

XF500Zm

XF500Zmは、マーキングすべき場所のタッチセンサーとモーター駆動の軸からなるマイクロパーカッションシステムを支柱に設置したマーカー。使い勝手がよく、M1Czスタイラスの優れた品質と精密な制御によってマーキング精度は高いです。さらに、モーター駆動のZ軸制御を使い、自動的にマークすべき表面を探し出します。単字あるいは少ない文字数の印字に向いているため、さまざまな応用に使えます。機械の作業台に設置された部品のトレーサビリティや、航空機の部品の2次元コードの印字、自動車産業の下取り品の台などにも使えます。

XF500Zm
XF500Zmは使い方が簡単です。作業台の上に設置し、電源コードを差すとマーキングを始める準備ができます。キーボードとソフトウエアが付属されており、ユーザーは全てのトレーサビリティやテキスト、カウント、日付、シリアルナンバー、2次元コード、ロゴなどを打つことができます。140×128画素の広いスクリーンとアイコンの付いたグラフィックディスプレイのおかげで、マーキングシートを簡単に作成できます。ロゴやシートはUSBスティックで簡単にインポート・エキスポートができます。0.5mmから99mmサイズの文字を、100mm×120mmの広いマーキングエリア上で印字できます。高さは300mmまでの部品なら印字できます。

X500Zmマーカーは、M1Czスタイラスの優れた品質と正確な制御によって、誤差は非常に少ないです。最新のエレクトロニクスと最適化したメカを通してこの制御ができます。

しかもXF500Zmは生産性の非常に高いマーカーです。Z軸をモーター駆動しているため、手動調整が要りません。この機械は、印字する部品の正確な高さにマーキングヘッドを自動的に置くことができます。XF500Zmはまた高速動作も可能で、最大5文字/秒の速度で品質の高いマーキングができます。

XF500Zmは90~230Vの単一電源で動作します。20カ国以上の言語のユーザーインターフェースが使えます。金属(62HRC max)や、合金、プラスチックなど全てのタイプの材料を印字できる上に、どのような形の表面でも平坦でも凹んでいる表面でも機械化されていても、鋳造したばかりでも塗料を塗っていても、印字できます。XF500Zm はキーボードから、あるいは2次元コードからデータを受け取ることができます。メモリー容量はシート1000枚以上分もあります。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする