www.engineering-japan.com
TECHNIFOR

XF510Sr―高速スクライビングマシン

テクニフォー(TECHNIFOR)のXF510Srは高速で、しかもノイズが極端に小さい理想的なソリューションです。いま入手可能なスクライビングマシンとしては最速で、世界でも唯一、Datamatrixコードと一体化したマシンです。XF510Srは非常なパワーを有し、ほとんどどのような金属面にも深さ0.2mmのマーキングを実現します。 スコアリングによるマーキングは、たとえばマイクロパーカッションと比較しても、非常に静かであるという長所があります。スタイラスをいったん素材にインプリントしますと、x軸、y軸に沿って移動して素材にスコアリング、マーキングします。現在に至るまで機械的な高速かつ深いマーキングには限界がありましたが、弊社のテクノロジーはいまやこれを可能にしました。

XF510Sr―高速スクライビングマシン
XF510Srの開発に当たっては、マーキングのスピード向上が一貫して最優先事項でした。テクニフォーのR&D(研究開発)チームはマーキングヘッドや関連エレクトロニクスを誘導する機械システムを新たに設計しました。最新世代の電子部品を使用したため設計時間を短縮できました。マーキングヘッドの往復パスも最適化されました。さらに、新たなモーター制御システムをインストールしました。

高速のマーキングスピードにより生産ラインでのサイクルタイム縮減が可能になります。ひとつの作品のマーキングに要する時間は通常、これを組み込む製造工程のどの段階に比べても短縮されます。リアルタイムで機能します。最新のエレクトロニクスおよび高精度ポジショニングのマーキングヘッドによって、スコアリング同様、垂直振動でデータマトリクス・マークの処理が可能です。

XF510Crは非常にパワフルです。ほとんどどのような素材(特に金属類)でも0.2mm の深さのマーキングを実現できます。現在入手可能な他マシーンでこの深さまで刻印できるのは“ソフト”な素材に限られます。こうしたパワフルなマーキングを可能にしたのは、次の3つの要素です。それは、最適化した高出力用空圧駆動コンポーネント(ソレノイドバルブ)、固有の高抵抗スタイラス、それに作動時の変化を許さないきわめて堅固な機械誘導システム ―の3つです。

XF510Crは操作が容易です。リモートコントロール・ユニットのUC500は世界中で使用可能な設計となっています。14タイプのキーパッドを管理し、18言語対応のインタフェースを備えるとともに、使用電源は90~250 volt と世界のどこでも使用できます。このため、ある国で設計した生産ラインに修正を何ら加えることなく、世界のどの国へも持ち込みが可能です。モニタリング用ソフトも非常に使い勝手がよく、ピクトグラム(絵文字)を使用するとともに、可能な限り多くのマーキングを提供しています。たとえば、固定テキスト、可変テキスト(日付、カウンター、ケタ上がり、変数など)、ロゴ、データマトリクス・コード―などです。

XF510Crは操作が非常に簡単です。標準バージョンは8インプット、4アウトプットのボードおよびRS232、USB、イーサネットのポートを備えています。イーサネットまたはRS232リンクにより制御が可能です(マーキング開始、サイクル終了、サイクル中止、マークの準備完了、マーキング進行中など)。USBポートはバックアップ、ソフトウエアの更新、マーキングファイルやロゴ、フォントの転送、マーキングファイル・バックアップ、その他に使用できます。

XF510Crのマーキング範囲は80mm x 50mmです。メモリは最大2,000マーキング・ドキュメントの処理までグレードアップしています。多数のオプションが用意されています。コラム、Windows によるマーキング・プログラム、ポータブル・コントロールボックス、起動サイクルおよび緊急停止装置 ― などです。

XF510Srのマーキングヘッドは非常に小さく、わずか10kgと軽量です。このため、XF510Crは、生産ライン、回転プラットフォーム、ロボットアームにおける一体化に理想的なソリューションとなります。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする