AMPHENOL

Amphenol 451/PT コネクタ製品の品揃えが新しくなりました

過酷な環境への適合を考えて開発された451/PTコネクタは、信頼性を絶対不可欠とする各種の用途にとって、経済的な新しい選択肢といえるでしょう。その用途としては軍需関係、石油、計測、自動制御、電気通信、鉄道インフラなどが挙げられます。Amphenolは、カスタム設計をサポートする部門である特別産業組織の設置や、オンラインでのエキスパート・コンフィギュレータwww.451-connectors.comの提供など、そのサービスの質の面では際立った存在です。今回の新シリーズには、雄型コネクタがない時にレセクタクルを保護する専用のSNAP-CAP技術が組み込まれています。

TECHNIFOR

XF510Cp:マイクロパーカッションによる超高速マーキング

テクニフォー(TECHNIFOR)社製 XF510Cp マイクロパーカッション方式のマーキング機は世界最速のマーカーです。1秒間に最高10文字を打つことができ、前世代機の2倍の速さです。大きさもこれまでの半分とコンパクトで、多数の通信インタフェース機能を備えており、インテグレーションしやすくなりました。XF510Cpは、自動車や錠・鍵、空気圧部品、電子部品、センサーなどの量産工程において精密なマーキングができる理想的なソリューションといえるでしょう。

AMPHENOL

RJF

極めてタフなイーサネット・コネクタ

MAPLESOFT

フランス電力庁はMapleを活用して、原子力発電所で二次冷却系水路のリスクを減少

フランス電力庁の国立原子力センター(CNEN)は、工学・科学・数式処理のための高性能なソフトウェアMaple™を活用し、予測型点検ソフトウェアプログラムの開発・検証・研究を行いました。Mapleは、工学・科学・数式処理のための高性能なソフトウェア開発のリーディングカンパニーであるMaplesoft™が開発したソフトウェアです。BRT-CICEROと名付けられたこのソフトウェアは、フランスの原子力発電所の機関室でパイプネットワークの点検プログラムの開発に使用されます。

REDEX

DualDRIVE

REDEX ANDANTEX(レデックス‐アンダンテックス)は、特許を有する機械的先行荷重システムおよび強化アウトプットベアリングの使用により、バックラッシュを排除するとともに、ランク・アンド・ピニオンのリジディティ(剛性)を高めます。これによって、理想の精度と相まってドライブキャパシティが100%向上します。

フォローする