www.engineering-japan.com
HMS Industrial Networks AB

PROFIネットワークを相互接続する新たな方法

オートメーションに関わるエンジニアは、工場内で使用されている様々なプロトコルやネットワーク間の接続を必要とする場面が多いものの、同じネットワークを使用する装置間での通信を可能にしなければならないこともあります。たとえば、PROFINETやPROFIBUSネットワークの中でも、必ずしも互いに通信できない機器やサブシステムが多く存在します。制御する2つのネットワーク間で、電気ケーブルと光ファイバーなど物理的に異なる形態を接続する場合や、I/Oデータを統合・分離する必要がある場合もあります。アップグレードされたAnybus X-gatewayなら、異種のPROFI装置間の接続を実現できます。

PROFIネットワークを相互接続する新たな方法
Anybus X-gateway

「当社の最新の市場調査によると、PROFINETとPROFIBUSの2つは、現在グローバル市場において最も優勢なネットワークといえます」と、HMSインダストリアルネットワークスのゲートウェイ製品マネージャーMarkus Bladhは話します。「そのため、当社にはPROFIネットワークへの接続性に対するご要望がたくさん寄せられます。しかしその一方で、PROFIネットワーク内での接続性を求める声も寄せられています。当社のAnybusゲートウェイは、あらゆるネットワークを相互接続することで広く知られていますが、Anybus X-gatewayがPROFIネットワーク内での様々な物理形態や規格を接続するコスト効率の良い方法として関心を集めていることも、注目すべき点です。Anybus X-gatewayなら、システムインテグレーター様や工場オーナー様は、ほかの方法では互換性を実現できない機器やシステムが接続可能になるのです」。

ここでは、Anybusゲートウェイによって、どのようにPROFINETとPROFIBUS内での接続問題を解決できるか、いくつかの事例をご紹介します。

1. PROFINET IRT機器を制御層のPLCに統合

多くの工場では、2つのセグメントがある場合など、制御する2つのPROFINET IRTネットワーク間でI/Oデ ータの統合や分離を行う必要があります。こうした場合に、Anybus X-gatewayがPROFINET/PROFINETカプラーとして機能し、I/Oデータの高速伝送を可能にします。このPROFINETインターフェースが、PROFINET I/OやPROFINET IRTネットワーク上のI/O機器として動作するのです。

2. PROFIBUSネットワーク同士の統合
制御する2つのPROFIBUSネットワーク間を統合あるいは分離することも、Anybus X-gatewayの一般的な使い方のひとつです。この機能は、よくDP/DPカップリングと呼ばれています。2つのPROFIBUSネットワークが電気的にも論理的にも互いに分離されたものになります。

3. PROFINET I/Oネットワーク同士の統合

さらに、制御する2つのPROFINET I/Oネットワーク間で統合や分離することも可能です。この機能は、PN/PNカップリングとして広く知られています

4. 光ファイバーネットワークと銅ケーブルネットワークの接続
PROFINET FOは、特にドイツの自動車産業で普及しています。しかし、多くの機械やシステムは、必ずしも光ファイバーでの接続性を備えていません。Anybus X-gatewayは、この2つのネットワーク間で カプラーとして機能し、その通信を可能にします。

5. PROFIBUSからPROFINETへの移行

多くの工場は、その基幹ネットワークや工場内のサブシステムとして、よく機能しているPROFIBUSネットワークを備えています。しかし、しばしばPROFINETで稼働する機器やシステムを設置する必要に迫られることがあります。Anybus X-gatewayなら、この切替えが簡単に行えます。Anybus X-gatewayは数分で設置でき、2つのネットワーク間の翻訳機として機能します。これは、フィールドバスから産業用Ethernetへ移行する非常に迅速な方法です。エンドユーザー様は、既存の十分に機能している設備を再利用でき、なおかつ新しい高性能な自動化システムに接続できるようになります。

「当社の見方では、現在のところ、フィールドバスと産業用Ethernetネットワークのどちらも成長しています」と、Markus Bladhは話します。「Industrial IoTやIndustry 4.0などのトレンドから、より多くの産業用機器のネットワーク接続が求められています。そのため、様々なネットワークの中においても、より高い接続性が必要になります。HMSは、Anybus X-gateway製品シリーズを通じて、PROFIネットワークの様々な機器やネットワーク間の接続性を実現する簡単でコスト効率の良い方法を提供しています」。

PROFIネットワークを相互接続する新たな方法
ゲートウェイ製品のプロダクトマネージャMarkus Bladh
 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする