www.engineering-japan.com
SEEPEX

大型の標準プログレッシブ・キャビティ・ポンプにRotor Joint AccessとDrive Joint Access技術を採用し、メンテナンス時間を最大80%短縮

SEEPEXは、プログレッシブ・キャビティ・ポンプBNM シリーズにRotor Joint Access(ローター・ジョイント・アクセス:RJA)とDrive Joint Access(ドライブ・ジョイント・アクセス:DJA)技術を導入しました。これにより、今後は大型の標準ポンプのメンテナンスが普通のレンチだけで確実に行えるようになります。


大型ポンプはそのサイズから、検査や保守の際に特殊な工具を用いて配管を取り外す必要があったり、場合によってはポンプ自体を移動させる必要があるなど困難を伴うことがあります。この対策としてSEEPEXは、大型の標準ポンプにRJAとDJA技術を導入し、ローター側と駆動側の両方の接合部にアクセスできるようにしました。これにより、時間のかかることの多い分解やいっそう煩わしい完全な取外し作業が、まったく不要になりました。

このメンテナンス簡易化ソリューションは、開放型ホッパーポンプで確立したRJAおよびDJAの基本メカニズムをもとに、大型の多段ポンプBNMシリーズのために特別に設計されています。ハウジングにスライド可能な部分を設けた(RJA)ことで、接合部のローター側に素早くアクセスできます。さらにローターとステーターは簡単に取り外せ、回転ユニットから分離した単体ユニットとしてメンテナンス可能です。加えて、BNポンプを短く設計し、吸引ケーシングを独立に支持する構造とした(DJA)ことで、接合部の駆動側にもアクセスできるようにしています。駆動ユニットを取り外せるため、軸シールのメンテナンスが迅速かつ簡単に行えるほか、プラグインの軸カップリングにもアクセス可能です。

「RJAとDJA技術によって、今後は現場での技術作業が大幅に容易になります。専門技術者でなくてもポンプのメンテナンスが可能になるのです。一般的なレンチさえあれば、回転ユニットを取り外して、そのローターとステーターを交換できます」と、SEEPEXで革新的技術戦略を統括するJörg Bruneは説明しています。「ローターやステーター、メカニカル・シールの交換など通常の保守の場面では、最大80%という劇的な時間短縮が見込めるものと当社は考えています。というもの、フランジや接合部を取り付けたまま作業できるからです」。

こうした大型ポンプの現場メンテナンスを支える技術を通じて、ポンプや配管をすべて分解することなく、摩耗部品に簡単にアクセスできるようにしました。そのため工場の可用性を効率よく維持でき、稼働時間も大幅に向上します。接合部を簡単かつ迅速に定期検査して、ローターや駆動側部品を素早くメンテナンスできれば、トラブルフリーな運転が実現し、メンテナンス費用と貴重な時間を大きく削減可能になります。


大型の標準プログレッシブ・キャビティ・ポンプにRotor Joint AccessとDrive Joint Access技術を採用し、メンテナンス時間を最大80%短縮
BNMシリーズのRotor Joint AccessとDrive Joint Access技術によって、これまで以上に大型ポンプのメンテナンスがシンプルになりました。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする