www.engineering-japan.com
AMS News

【ams OSRAMプレスリリース】ams OSRAMの新しい緑色レーザーダイオードが、 産業用途における赤色レーザーからの理想的な代替を可能に

光学ソリューションのグローバルリーダーであるams OSRAM(日本地域統括バイスプレジデント:神永眞杉)は、レベリング、スキャン、バイオサイエンス、ドットプロジェクションなどの用途において、赤色レーザーに代わる、より高輝度で使いやすく、信頼性と価格競争力に優れた緑色レーザーダイオードを発表しました。

【ams OSRAMプレスリリース】ams OSRAMの新しい緑色レーザーダイオードが、 産業用途における赤色レーザーからの理想的な代替を可能に

ams OSRAMの新しいPLT5 522EA_Q緑色レーザーダイオードはTO56ケースグランド構成で、現在多用されている赤色レーザーのドライバトポロジーと互換性があります
画像: ams OSRAM

  • 緑色レーザーは、従来から産業機器に使用されている赤色レーザーよりも視感輝度が4倍に
  • 新しいPLT5 522EA_Q緑色レーザーダイオードはTO56ケースグランド構成で、現在多用されているドライバトポロジーと互換性がある
  • 最高動作温度70℃、高信頼性、長寿命のPLT5 522EA_Qは、新設計のレーザーを使用したビジュアライゼーションのための最適なソリューション

新しいPLT5 522EA_Qは、赤色レーザーの重要な特性を犠牲にすることなく、緑色レーザーが持つ赤色より約4倍明るく視認できるという視感度面での恩恵を、ユーザーが受けることを可能にしています。この緑色レーザーダイオードは、最高動作温度70℃での製品寿命と信頼性において厳格なテストを受けており、その寿命評価は、産業機器メーカーの標準的な要件を満たしています。

ams OSRAMのシニアマーケティングマネージャー、Thomas Brandesは次のように述べています。「緑色レーザーは、赤色レーザーに比べて視認性に優れているため、建設・測量などの産業用途や長距離スキャンに重用されています。PLT5 522EA_Qの導入により、メーカーは製品設計のあらゆる面で妥協することなく、赤色レーザーを緑色に置き換えることができます」

この新しいレーザーダイオードは、気密封止されたTO56CANのフォームファクターにて提供されます。また、この緑色レーザーは一般的な赤色レーザーに採用されているケースグランドのピン配置を採用しているため、既存の赤色レーザーから緑色レーザーへの置き換えを容易にし、置き換えの際の製品設計変更を最小限に抑えることができます。

赤色レーザーダイオードとは異なり、PLT5 522EA_Qはバーンインを必要としておらず、また、アイセーフのために必要とされるモニター用フォトダイオードをパッケージ内に搭載しています。


【ams OSRAMプレスリリース】ams OSRAMの新しい緑色レーザーダイオードが、 産業用途における赤色レーザーからの理想的な代替を可能に
緑色レーザーは、従来から産業機器に使用されている赤色レーザーよりも視感輝度が約4倍に
画像: ams OSRAM

●緑色レーザーダイオードの魅力的な特徴
PLT5 522EA_Qは、ビームを厳密に制御した端面発光レーザーです。ピーク出力は20mWで、ピーク発光波長は520nm、スペクトル帯域幅は2nmとなっています。連続発振モードとパルス発振モードのいずれでも使用できます。

ams OSRAMは、製品設計を支援するテクニカルサポートをお客様に提供しています。サポートには、光学系シミュレーションデータの提供、熱評価などが含まれます。

PLT5 522EA_Qのサンプルは、現在ams OSRAM製品の正規販売代理店から入手可能です。

www.ams.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする