www.engineering-japan.com
Positive One News

産業用IoT通信、PROFIBUSおよびPROFINET自動化対応テクノロジー対応Segger Ethernet-APLおよびemNetの販売開始

ドイツに本社があるSegger社正規代理店のポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、産業用IoT通信、PROFIBUSおよびPROFINET自動化対応テクノロジー対応Segger Ethernet-APLおよびemNetの販売を開始いたします。最近、SEGGER社がPROFIBUSユーザーの世界的な組織に参画をし、さらなるソリューションが期待できます。

産業用IoT通信、PROFIBUSおよびPROFINET自動化対応テクノロジー対応Segger Ethernet-APLおよびemNetの販売開始

Ethernet-APLは、2線式データ伝送用の標準化されたEthernet Advanced Physical Layer(APL)です。これは、修正IEEE 802.3cg-2019で定義されているシングルペアイーサネット(SPE)標準10BASE-T1Lに基づいており、プロセス業界で使用するために特別に拡張されています。これにより、フィールドレベルから制御システムまでの長いケーブル長で一貫性のある高速IP通信が可能になり、プロセスプラントのフィールドでの運用に必要な信頼性、セキュリティ、および安全性の要件が満たされます。

Ethernet-APLは、危険な領域内での安全な動作のための保護手段を提供しながら、単一のツイストペア(2線)ケーブルを介したプロトコル転送と電源供給を保証します。オプションの冗長性またはフェイルオーバーの概念を使用して、さまざまなインストールトポロジをサポートするように設計されています。IEC仕様によれば、フィールド機器の安全な操作の検証、設置、および実装もサポートします。

Ethernet-APLは、TCP / IPモデルのネットワークアクセス層を提供し、SEGGERのIPスタックemNetによって提供されるモデルの上位層に接続します 。emNetは、超低電力マイクロコントローラーと組み合わせることで、最小限のメモリ要件で最大のパフォーマンスを提供し、構成作業なしで簡単に統合できます。優れたネットワークパフォーマンスを提供すると同時に、フラッシュ、RAM、および全体的な処理速度の点で非常に効率的であるため、小型の低周波数超低電力マイクロコントローラーにも最適です。

◆主な機能

  • 2線ケーブル(シングルペアイーサネット)を介したデータと電力の伝送
  • Exゾーン2/1/0の電源を含むフェイルセーフ通信
  • 10 Mbit / s全二重通信による高データ流量
  • 以前のフィールドバスと比較して帯域幅が増加
  • 最大1,000メートルのトランク長と最大200メートルの拍車を含む幅広い
  • 最大60Wの最大50台のフィールドデバイス供給
  • フィールドデバイスごとにわずか数秒で100の構成パラメータ
  • プロトコルEtherNet / IP、HART-IP、OPC UA、PROFINETのサポート
  • 爆発性の高い環境への設置に適用しやすい保護タイプの固有の安全性

SEGGER社は、PROFIBUSおよびPROFINET自動化対応テクノロジーを促進、サポート、および使用している世界規模のコミュニティであるPROFIBUS Nutzerorganisation(PNO)に参画しました。組み込みエキスパートとして、SEGGERのemNet IPスタックは、Ethernet-APLなどのイーサネットテクノロジーに基づくPROFINETアプリケーションの実装をサポートします。

産業オートメーション向けのイーサネットベースの通信ソリューションとしてPROFINETを開発しました。イーサネットがプロセス業界の特別な要件も満たすようにするために、高度な物理層イーサネット-APLは、同じ2線ケーブルを介して危険な領域に電力とデータを送信するように定義されています。

Ethernet-APL標準の定義の直後に、SEGGER社は要件に対する説得力のあるソリューションを開発しました。外部MAC/PHYイーサネットチップに接続された超低電力マイクロコントローラーと組み合わせたSEGGERのemNetの使用が可能です。このソリューションは、将来のフィールドデバイスでSIEMENSによって実装されています。

「PROFIBUSユーザー組織の新しいメンバーとして、市場でのイーサネット-APLデバイスの適応をサポートできることを嬉しく思います。PROFINETはすでに広く使用されている産業用イーサネットプロトコルです。その潜在的なアプリケーション分野は、Ethernet-APLによって大幅に拡大します。」とSEGGER社CEOであるIvo Geilenbruegge氏は述べています。

「私たちは継続的に技術を開発しています。イーサネット-APLを使用すると、PROFINETはイーサネットをプロセス自動化のすべてのアプリケーション領域で使用できるようにします。最初の製品は短期間で利用可能になります。SEGGERをPNOに歓迎し、今後のコラボレーションを楽しみにしています。」とPNOのエグゼクティブディレクターであるピーター・ウェンゼル博士は述べています。

emNetを使用すると、最小のULPマイクロコントローラでも高い伝送速度で動作します。組み込みシステム用のデュアルIPv4 / IPv6 TCP / IPスタックは、リソースに制約のある組み込みアプリケーション向けにゼロから開発されたものであり、柔軟性と拡張性を備えながら、メモリ要件が低いことで知られています。たとえば、Cortex-Mベースのマイクロコントローラーの完全なスタックは、20 KB未満のROMとわずか1.5 KBのRAM(読み取り/書き込みバッファーなし)を占有します。

emNetは、構成作業なしで簡単に統合することもできます。特に組み込みデバイスを対象としたその設計により、パケット処理速度の点で非常に効率的です。これは、小型の低周波マイクロコントローラーでも優れたネットワークパフォーマンスを提供できることを意味します。

emNetの柔軟なPHYドライバー層は、事実上すべてのイーサネットPHYトランシーバーをサポートします。emNetには、IEEE802.3u規格に準拠した市場のほぼすべてのシングルポートPHYと互換性のある汎用PHYドライバが含まれています。イーサネットスイッチなどの他のPHYのようなデバイスのサポートも利用できます。

www.positive-one.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする