www.engineering-japan.com
Emerson Industrial Automation

エマソンは、臨床検査機器向けに新しいミニチュアロッカー式アイソレーションバルブを発表しました

ASCO 062シリーズ ロッカー式アイソレーションバルブ16mmの可換設計により、コンパクトな流体処理マニホールドのカスタマイズを最適化し、機能性と柔軟性を最大限に高めます

エマソンは、血液・免疫測定装置、サンプル調製および前処理装置、DNAシーケンス装置など、臨床検査室で最も要求の厳しい流体制御マニホールド用に設計されたASCO 062シリーズ ロッカー式アイソレーションバルブ を、本日発表しました。このバルブは16mmのコンパクトサイズで、複雑な流体処理マニホールドに容易に組み込むことができ、設置面積、重量、電力を削減することができます。また、2方向、3方向の機能性を備えており、柔軟性と汎用性を最大限に高めています。

ASCOのロッカー式アイソレーションバルブは、ほぼすべてのタイプの分析機器で使用される中性および活性流体を制御します。分離ダイヤフラムと組み合わされた洗いやすい特別なロッカー機構は、工学なインビトロ診断試薬への熱伝達を防ぎ、バルブシートの固着や詰まりの可能性を排除します。制御機構の密閉分離により可動部品の摩擦による微粒子汚染が防止され、流体サンプルの最高純度が保証されます。

062シリーズのバルブは内容積が小さいため、汚染のリスクやメンテナンスの必要性、試薬の廃棄の可能性を低減します。また、パッドマウントとタケノコ継ぎ手の2種類の取り付け方法があることで、取り付けが容易であるとともに、1,000万サイクルの長寿命で機器の信頼性を高めます。

エマソンの自動化ソリューションビジネスの分析・医療担当部長であるSven Richterは、「新しいASCOの062シリーズのバルブは、分析機器や医療機器などの幅広い用途で、信頼性の高い精密な流体制御を実現します。」と述べています。「相手先ブランド製造(OEM)のお客様は、競争の激しい市場で成功するために、生産効率やコスト効率を向上させながら、製品を迅速に市場に投入する必要に迫られていることを理解しています。だからこそ、この新しい062シリーズ製品をお客様にお届けするのです。」

https://www.emerson.com/ja-jp/news/automation/21-10-asco-series-062


エマソンは、臨床検査機器向けに新しいミニチュアロッカー式アイソレーションバルブを発表しました
ASCO 062シリーズ ロッカー式アイソレーションバルブは、臨床診断および実験機器で中性または活性流体で使用するように設計されています。隔離ダイヤフラムは熱伝達を防ぎ 、特別なロッカー機構には洗浄が容易で小容積の内部空洞があります 。16mmのサイズ 、2方向と3方向の両方の機能により 、バルブは市場の他のほとんどの16mmアイソレーションバルブと互換性があります 。典型的なアプリケーションには、体外診断、血液学、DNAシーケンス、および工業用流体分析装置が含まれます

メディア:
-連絡先: Emerson Automation Solutions グローバルメディア担当連絡先

追加リソース:
-Emerson Automation Solutions コミュニティ
に参加する-
TwitterFacebook LinkedIn YouTube

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする