www.engineering-japan.com
Microchip News

Microchip、産業用ネットワークの拡張性と機能性を高める マルチドロップ バス アーキテクチャEthernet PHYを発表

デジタル ネットワークがますます多くの装置、製造ライン機器、ロボットを接続し、スマート マニュファクチャリングはオートメーションの効率をさらに高めています。

Microchip、産業用ネットワークの拡張性と機能性を高める マルチドロップ バス アーキテクチャEthernet PHYを発表

IIoT (Industrial Internet of Things)に不可欠なOT (Operational Technology)およびIT (Information Technology)ネットワークは相互運用性、通信の高速化、セキュリティの実装に関してEthernetに依存しています。

Microchip Technology Inc.(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、産業用ネットワークのエッジまでEthernet接続を拡げ、アーキテクチャをシンプルにし、設計リスクを低減できるLAN867x 10BASE-T1S PHYファミリ(https://www.microchip.com/en-us/products/high-speed-networking-and-video/ethernet/ethernet-phys)を発表しました。

高性能で小フットプリントのLAN867x Ethernet PHY(物理層)トランシーバは、これまで専用の通信システムが必要であったセンサやアクチュエータ等、システムに標準的に備わっているデバイスにEthernetを通した接続を提供します。

LAN867xを使うと、OTおよびITシステムのオールEthernetインフラストラクチャをネットワークのエッジまで拡げる事ができます。また、従来は非互換通信系の相互接続に必要であったゲートウェイが不要となります。シングルペア ワイヤを使うためコストを削減でき、マルチドロップ バス アーキテクチャを採用する事で高価なスイッチの必要性が減り、スケーラビリティが高まります。同じバス上で複数のノードが高データ スループットで動作できます。

LAN8670、LAN8671、LAN8672 Ethernet PHYは、IEEEによるシングルペアEthernetのための10BASE-T1S規格向けに設計された製品です。10BASE-T1Sは産業用アプリケーション向けオールEthernetアーキテクチャ開発の課題(例:プロセス制御、ビルディング オートメーション、複数の接続技術を使ったシステムの統合)を解決するものです。マルチドロップ(バスライン)トポロジの特徴を活かして、最低でも25 mの範囲にある8つ以上のノードに対してケーブルの本数を削減した接続を可能にします。またプリント基板内の接続に使用する事もできます。

オールEthernetインフラストラクチャは一般的な通信およびセキュリティ機能を使う事でアーキテクチャをシンプルにしています。これにより、システムを新規に設計する際のコストとリスクを低減できます。Ethernetのその他の利点としては、物理層の速度に関係なく同じプロトコルを使える事、既存のセキュリティ インフラストラクチャおよびエコシステムで動作する事等があります。

「Microchip社の10BASE-T1S技術は製品、制御、ソフトウェア、サービスを簡単かつ低コストで接続する当社のendpoint-to-cloud統合にアドバンテージを提供します」とSchneider Electric社コネクテッド システムズ プロジェクト リーダーのJulien Michel氏は述べています。「この技術はエネルギと資源を最大限に活用するのに役立ち、進歩と持続可能性を両立させます。」

「産業用システムの設計開発では通信デバイスおよび技術の相互接続はしばしば困難であり障害が発生しがちです」とMicrochip社車載事業部門副社長のMatthias Kaestnerは述べています。「10BASE-T1S Ethernetを使うと、そのような相互接続が簡単になり相互運用性と速度を高める事ができます。これは産業用環境で非常に重要です。」

LAN867xはMCU(マイクロコントローラ)、MPU(マイクロプロセッサ)、Ethernetインターフェイス内蔵スイッチ、開発ツール、評価用ボード、サポートを含むMicrochip社の産業用アプリケーション向け製品ポートフォリオおよびトータルシステム ソリューションを拡充するものです。


Microchip、産業用ネットワークの拡張性と機能性を高める マルチドロップ バス アーキテクチャEthernet PHYを発表

開発ツール
Microchip社はLAN8670、LAN8671、LAN8672 Ethernet PHYを使った設計を容易にするリファレンス デザイン、ソフトウェア ドライバ、システム シミュレータ、評価用ボードを提供します。

www.microchip.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする