www.engineering-japan.com
Contrinex News

磁気誘導型 小型

位置決めや有る無し検出のセンサを選択する場合、よくサイズが重要な制限となります。コントリネックスの小型レンジ、これには市場で最も小さいアンプ内蔵を含みますが、機能上の妥協を必要とせずこの制限に適合します。このレンジのセンサには、従来のクラシックや長距離やフルイノックスの技術を使用しています。

磁気誘導型  小型

IO-LinkインタフェースはPNP 出力NOバージョンに搭載されています。スリーブ状のΦ3からねじ切りのM5そして5mm角型タイプがあり、コントリネックスの小型磁気誘導型センサは、超小型マシンのコントロール、ロボット関係の位置検出やツール選択を含むスペースが限られたアプリケーションに最適です。

主な特長
  • IO-Linkを搭載し市場で最小の近接センサ
  • スペースに制限がある場所に最適
  • −25~+70°C (フルメタルは+85°) まで安定
  • センサ重量わずか18g
  • 高いストレス環境下での長期信頼性を保つ真空樹脂充填

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする