www.engineering-japan.com
Renesas News

IoT システムの迅速な開発、試作を可能にする、モジュール式開発プラットフォーム「クイックコネクトIoT」を発売

組み合わせて使用可能なハードウェアとソフトウェアの提供により、マイコン+センサ+通信のカスタムIoTシステムを早期に実現可能。

IoT システムの迅速な開発、試作を可能にする、モジュール式開発プラットフォーム「クイックコネクトIoT」を発売
モジュール式開発プラットフォーム「クイックコネクトIoT」を発売

ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO: 柴田 英利、以下ルネサス)は、本日より、IoTシステムの迅速な開発、試作を可能にする、革新的なIoTシステム設計プラットフォーム「クイックコネクトIoT」を発売しました。クイックコネクトIoTは、ルネサスのマイコン開発ボードと、それに接続できる標準化されたインタフェースの小型ボードで構成されています。第一弾として、センシング用途に向けて、ルネサスのセンサを搭載した各種センサモジュールとソフトウェア群の提供を開始しました。これにより、センサとマイコンを簡単に組み合わせられるだけでなく、ソフトウェアコーディングの負荷を大幅に軽減できるため、カスタムIoTシステムの開発、試作を迅速かつ容易に行うことができます。

クイックコネクト IoTの構築にあたっては、Pmodペリフェラルモジュールを規格したDigilent, Inc.社(以下Digilent)と協力し、GPIOによるスタンバイ制御やリセット制御による低消費電力化など、より広い範囲をカバーし柔軟性を高めるために、新たな拡張用I2C Pmodインタフェース「タイプ6A」を開発しました。ルネサスは、このPmod 6AコネクタをセンサPmodやマイコン開発ボード用の標準インタフェースとして装備します。これにより、ユーザはIoTプロトタイプ設計に最適なモジュールを組み合わせて柔軟に評価することができます。マイコン開発ボードに、センサモジュールと通信モジュールをPmodコネクタで接続することにより、センシング、信号処理(マイコン)、通信機能を持つカスタムIoTシステムを早期に実現可能です。また、Pmodをカスケード接続することにより、さらに柔軟にセンサを追加して評価することができます。

ルネサスはまた、ソフトウェア開発の負荷軽減のために、多種多様なセンサのための共通のソフトウェアAPI(Application Program Interfaces)とHAL(Hardware Abstraction Layer)のコードを再定義し、ルネサスの統合開発環境であるe2 studioに組み込みました。これにより、ユーザは何百行ものドライバコードを書いてテストする代わりに、使いやすいGUIを通してセンサを選択し、数行のコードを書くだけでセンサを利用可能になるため、開発期間を大幅に短縮できます。

 ルネサスのシステム&ソリューションチームのSenior DirectorであるDK Singhは次のように述べています。「私たちは、お客様が優れた最終製品をより早く市場に投入できるソリューションを提供することに注力しています。例えば、お客様が設計リスクを軽減し、開発期間を短縮するための設計プラットフォームを提供するために、何百ものウィニングコンビネーションを開発してきました。クイックコネクト IoTは、この取り組みの一環として、将来的には、より多くのボードやデバイスをサポートするために対象範囲を拡大する予定です。さらに、標準化されたハードウェア接続プラットフォームを持つことで、お客様はサードパーティや他のサプライヤが開発した互換性のあるPmodを使用することができます。」

 Digilent, Inc.のマーケティングのDirectorであるTalesa Bleything氏は次のように述べています。「新たなPmodインタフェースのタイプ6Aは、システムのプロトタイピングをより簡単に、より身近にするという当社のビジョンを具現化したものです。I2Cの仕様に準拠し、オプションで割り込みやリセット端子などの制御信号を拡張できるため、多様なシステム開発に柔軟に対応できるようになりました。」

今回、クイックコネクト IoTの第一弾として、空気質センサ、フローセンサ、温湿度センサ、生体センサなどのPmodモジュールを発売しました。今後、これらに加え、ToF(タイムオブフライト)測距センサなど他の様々なセンサや周辺機能用のPmodを提供予定です。RA、RX、RL78ファミリのスタータキットなど25種類以上の既存のマイコン開発ボードは、今回開発した小型インターポーザボードを介して、Pmod タイプ6A規格モジュールを接続できます。今後、REマイコンとRZ MPU(Micro Processing Unit) の開発ボードもサポート予定です。これらのセンサモジュール、マイコン開発ボード、インターポーザボードは、ルネサスの販売チャネルを通して提供します。

ルネサスのIoT・インフラ事業本部、セールス&デジタルマーケティングの執行役員であるChris Allexandreは述べています。
「ルネサスのIoT関係のお客様は、優れたマイコン、センサ、ソフトウェア以上のものを必要としています。クイックコネクト IoTは、IoT市場におけるルネサスリーダーシップを拡大するゲームチェンジャと言えます。」

クイックコネクト IoTで利用可能なボードのリスト、ソフトウェアのダウンロード、資料、ビデオなどの詳細は、こちらをご覧ください。www.renesas.com/quickconnect

www.renesas.com
 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする