www.engineering-japan.com
Hexagon Manufacturing Intelligence News

Hexagonはポータブル、大量測定および自動計測を横断する高機能クロスプラットフォーム・スキャナーで生産性を向上させます

Absolute Scanner AS1は新しいモジュール取り付けコンセプトで、高速の3Dレーザースキャナー測定を手動・自動Absolute TrackerとAbsolute Armシステムにもたらします。

Hexagonはポータブル、大量測定および自動計測を横断する高機能クロスプラットフォーム・スキャナーで生産性を向上させます

HexagonのManufacturing Intelligence(生産知能)部門は、本日画期的な新しいレーザースキャナーを発表しました。 Absolute Scanner AS1は毎秒120万ポイントのデータ収集速度で、オートメーションに対応し、クラス最高の精度およびデータ品質を組み合わせています。また同種として初のポータブルアームおよびレーザートラッカー・システムとの互換性を持ちます。 AS1は、広範囲の用途のコンテキストに理想的なセンサーです。例えば自動車生産の現場では、同じスキャナーを、内部品質管理用アームや、フラッシュおよびギャップ検査を行うパイロットプラントのトラッカーセットアップで使用されるアーム間を切り替えて、必要に応じて前後に移動させることができるため、より統合された、より低コストの品質管理手順が達成できます。」

AS1はモジュール式青色レーザー・ライン・スキャナーです。レーザートラッカーおよびポータブル測定アーム・システムの両方で操作できる業界初のシステムです。 Leica Absolute Tracker AT960レーザートラッカーとあわせて、AS1は、携帯型で、自動化でき、最大30m離れたところからわずか50ミクロン以内のスキャン精度を実現します。 小型のアプリケーション向けには、AS1スキャナーユニットを既存の現行Absolute Arm7軸システムに簡単に取り付けることができ、直径2~4.5メートルの測定範囲内で精密なスキャンと隠れたエリアのスキャンを行うことができます。

AS1のトラッカー機能は、新しい携帯型の位置決めユニットAbsolute Positioner AP21によって提供されます。 AP21ユニットは、AT960トラッカーでスキャナーの完全な位置と向きの情報を取得できます。 AS1は、Hexagonの特許キネティックジョイントを使用して、AP21上に迅速に取り付けできます。これは、既ににあるAbsolute Armシステムと同じ、反復可能な取付けシステムです。 多忙な現場生産チームでも、同じAS1スキャナー・ユニットを、トラッカー・システムでの使用からアーム・システムに手早く交換でき、時間のかかる再調整あるいはセットアップの必要はなくなります。

「私たちのトラッカー・システムで改良されたレーザスキャナを開発する際に、トラッカーが必要となる大量のアプリケーションで、ポータブル測定アームのために開発したSHINEテクノロジーを活用したいと考えました」とHexagonの計測デバイス社長、ダンカン・レッジウェルは述べる。 「私たちのチームのハードウェア専門知識は幅広いため、こうしたソリューションが可能になりました。製品分野の間に立ちはだかる壁を克服し、アームおよびトラッカー機能の両方を要求する航空宇宙検査プロセスを横断し、多数のスキャナー・ユニットに投資する必要なくユーザーにクラス最高のスキャン性能を提供できます。 AS1はAbsolute Tracker、Absolute Armシステム共に同じ方法で、同じ高品質の結果が出せます。」

Absolute Scanner AS1のレーザー走査性能は2019年のAbsolute Armシステム用のRS6レーザースキャナー発売以来、多数の産業ですでに実績が証明された、系統的な高知能ノイズ除去(SHINE)テクノロジーにより構築されています。 SHINEコンセプトでは、ほとんど任意の表面形状や仕上げで、デフォルト露出セッティングのまま、非常に高品質と高精度データを超高速度で取得できます。 これは、測定過程で絶えず設定を切り替える必要や、作業者の訓練の必要を最小限に抑えます。 SHINEにより、AS1は常に最高のパフォーマンスを発揮します。従来の製品でよく見られた難しい表面でのパフォーマンスの低下はなく、あらゆる表面をいつでもスキャンすることができます。
Absolute Positioner AP21ユニットの動的トラッキングパフォーマンスは、最新のAbsolute Scannerが、完全にオートメーションに対応できることを意味します。ライン内でも、ライン時点でも、ライン近辺でも、品質管理室でも、産業でのスマート生産の将来の重要な機能となる、自動セル内および構造内の高速の青色レーザースキャンが可能です。 Hexagonの公認の信用あるインテグレーターのネットワークでは、この新しい計測テクノロジーに基づいたカスタム・オートメーション・システム開発の準備ができています。

Hexagonのテクニカルプロダクトディレクターであるダニエル・モーザー(Daniel Moser)は、次のように言います。「計測支援による自動化は、将来の大規模な製造業の基本であると広く考えられています。 レーザートラッカーに基づいたシステムは、今後生産性の追求に妥協せず、高品質を達成するうえで重要な役割を担うことになります。 AS1の開発における私たちの重要な目的の1つは、最初から最後まで構築されたオートメーションシステムを提供し、広範囲の自動生産ソリューションとも統合できるようにすることでした。」

Absolute Armについては、AS1は、今後現在のフラッグシップモデルRS6レーザースキャナーに取って代わります。 詳細は、最寄りのHexagon営業所までお問い合わせいただくか HexagonMI.com/AbsoluteScanner.からご確認ください。

www.hexagonmi.com
 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする