www.engineering-japan.com
Contrinex News

RFID with IO-Link

Tough, fast, cost-effective and easily integrated!

RFID with IO-Link

IO-LinkインタフェースV 1.1を搭載した高周波リード/ライトモジュール(HF RWM)のIOLinkファミリは、既存の制御システムとの簡単で費用効果の高い統合を目的として設計されています。

埋込み不可のHF RWMは、M18, M30とC44のサイズがあります。 直径50mmのタグを使用すると、M18タイプで42mm、M30タイプで60mm、C44タイプで80mmの最大リード/ライト距離が得られます。これらは、IO-Linkデバイスとして、または条件付きバイナリ出力を備えた標準I/Oモード(SIO)として動作することが出来ます。 スタンドアロンSIOモードでは、出力の切り替えはタグの存在、データ比較、さまざまなアラーム条件に依存します。

これらのHF RWMは、2つの動作モードと簡単なプラグ・アンド・プレイ・インストールによって、一般的にロジスティクス、機械工学および自動車産業における設置コストを削減します。

Key advantages

  • M12コネクタ付きリード/ライトモジュール (RWM)
  • IO-Link インタフェース V1.1
  • M18 & M30 (IP67); C44 (IP68 / IP69K)
  • 2つの動作モード:IO-Linkデバイスモード、標準I/Oモード(SIO)
  • IO-Linkデバイスとして3つのプロセスデータ設定:UIDスキャン、選択可能な「オート」モードで読み取り/書き込みをスキャン
  • スタンドアロンSIOモードにおける出力の切り替えはタグの存在、データ比較、さまざまなアラーム条件に依存

www.contrinex.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする