www.engineering-japan.com
Rockwell Automation News

ロックウェル・オートメーションの強化されたソフトウェアによりプラントフロアの資産管理が簡単に

ロックウェル・オートメーションの強化されたFactoryTalk AssetCentreソフトウェアを使用して、産業労働者は数百または数千のオートメーション資産をより簡単に管理できるようになりました。

ロックウェル・オートメーションの強化されたソフトウェアによりプラントフロアの資産管理が簡単に

最新のリリースでは、すべての資産のファームウェアとソフトウェアのライフサイクル情報が1か所で提供されます。これにより、作業者は制御キャビネットに接続して各デバイスの情報を手動で記録する必要がなくなるため、時間を節約できます

ソフトウェアの強化された資産インベントリ機能により、作業者はネットワークを素早くスキャンして、特定のライフサイクル状態にあるデバイスを確認できます。例としては、廃止されたファームウェアを実行しているデバイスや、今後6か月以内に廃止されると予測されているデバイスがあります。これにより、同じライフサイクル状態の製品を特定でき、作業者は交換やアップグレードの計画を立てることができます。

これは、最新バージョンのファームウェアとソフトウェアが多くの既知のセキュリティ脆弱性に対処するため、企業がIEC 62443などの最新のサイバーセキュリティ規格に準拠するのにも役立ちます。

FactoryTalk AssetCentreソフトウェアには、変更のアーカイブ管理と呼ばれる新しいセキュリティ機能もあります。これは、誰がファイルを変更でき、何を変更できるかを承認するプロセスを自動化します。作業者は、ファイルを変更する必要がある理由を説明し、必要なファイルのみがチェックアウトされていることを確認する必要があります。また、変更が承認されるまでファイルをロックし、必要に応じて承認要求をエスカレーションします。

これは、システムのセキュリティを強化するのに役立ちます。これは、変更が許可されるタイミングをさらに制御する必要がある石油&ガスなどの一部の業界で特に役立ちます。例えば、ある大手食品会社は、FactoryTalk AssetCentreソフトウェアを使用して、未知の変更または不正な変更によるダウンタイムイベントを7%削減しました。また、変更管理によるダウンタイムを削減できます。

これらの更新により、製造中止日と代替製品の入手可能性を報告するソフトウェアの既存の機能が追加されます。 強化されたソフトウェアは、サードパーティのデバイスだけでなく、より多くのロックウェル・オートメーションのデバイスの災害復旧サポートも提供するようになりました。

www.rockwellautomation.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする