www.engineering-japan.com
Contrinex News

超小型近接センサは、自動生産中の電子部品の損傷を防ぎます

太陽電池の自動生産中、コンパクトな2本指のロボットグリッパが、シリコンウェハーのトレイを搬送します。

超小型近接センサは、自動生産中の電子部品の損傷を防ぎます

ウェハー表面への影響を回避するため、グリッパが下降してトレイをピックアップする前に、グリッパ先端が完全に開いていることを確実に確認する必要があります。 グリッパフィンガーの上面の真上に取り付けられた超小型近接センサは、完全に開いた位置での位置を検出します。

ユーザー利点

  • 超小型近接センサにより、グリッパ先端位置を確実に検出し、偶発的な損傷を防止
  • コンパクトな直径3 mm × 22 mm V2Aステンレス鋼ハウジングにより、狭いスペースへの設置が容易
  • 1 mmの検出距離
  • ノーマルオープンまたはノーマルクローズのオプションを備えたPNPおよびNPN出力により、制御システムと容易に接続
  • 実績のあるテクノロジーにより、高信頼性の操作を実現
  • 非接触ソリューションは高生産効率で、回避可能なダメージ、廃棄コストを削減

製品特徴

  • 小型ステンレス鋼近接センサ
  • NOおよびNCオプションと最小限の電力消費を備えたPNPおよびNPNインタフェース
  • センサの重量はわずか25グラム、コンパクトな直径3 mm × 22 mmのハウジング
  • −25°C〜+ 70°Cの動作範囲
  • 高信頼性、コンパクト、耐振動

www.contrinex.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする