www.engineering-japan.com
Baslerweb News

Basler CXP対応カメラboostに 20MP、32MP、45MPモデルが新登場

Basler boostシリーズにオン・セミコンダクター社製XGSセンサー搭載の6モデルが新たに追加。優れた画質と広い視野角により、高精細画像が求められる用途に最適です。

Basler CXP対応カメラboostに 20MP、32MP、45MPモデルが新登場
Basler boostのオン・セミコンダクター社製高画素センサーXGS搭載モデル

このほど、コンピュータービジョン向け画像処理機器メーカーのBaslerは、CoaXPress 2.0(CXP 2.0)対応カメラシリーズboostのラインナップを拡充し、オン・セミコンダクター社製XGSセンサー搭載の6モデルを新たに追加しました。新モデルの画素数はそれぞれ20MP、32MP、45MP(8K)となっており、boostの既存モデルであるソニー社製Pregius搭載モデル(9MP(IMX255)、12MP(IMX253))から、より高精細画像が求められる用途への活用が期待できるようになりました。

オン・セミコンダクター社製XGSセンサーは、最新のグローバルシャッターを採用した高性能CMOSセンサーとして、高画素・高フレームレート(最大45fps)に対応しており、コストを抑えながら優れた画質を実現できることから、CCDセンサーからCMOSセンサーへの移行に最適です。

また、CXP 2.0対応カメラならではの特長として、Basler boostは最大伝送距離40mによる高速・高解像度撮影が可能であるため、半導体、太陽光発電、ディスプレイ検査から印刷、包装、医療に至るまで、その用途は多岐にわたります。

Baslerでは、今回の新モデルとBasler CXP-12インターフェースカード1Cがセットになったパッケージ製品のほか、高画素Fマウントレンズ、CoaXPressケーブルをはじめとするハイエンド向けアクセサリーも取り揃えるなど、CXP 2.0のメリットを最大限に引き出すソリューションをワンストップで提供する予定です。詳しくはbaslerweb.com/boostをご覧ください。

www.baslerweb.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする