www.engineering-japan.com
Softing Industrial Automation GmbH

SoftingがedgeConnector Siemensをさらに強化

Softing Industrialは、edgeConnector Siemensのバージョンv1.20をリリースします。このソフトウェア・モジュールはコンテナ技術に基づき、シーメンス社製コントローラにIIoTアプリケーションを接続します。今回の新バージョンでは、SIMATIC S7-1200とS7-1500に加えて、SIMATIC S7-300/400コントローラもサポートしました。

SoftingがedgeConnector Siemensをさらに強化
革新的な産業用エッジ・ソリューションに対応できるedgeConnector Siemens

edgeConnector Siemensでは、最適化されたデータブロックを含め、SIMATIC S7-1200およびS7-1500のデータにアクセス可能です。これに加えて、バージョンv1.20はSIMATIC S7-300/400コントローラにも対応しました。クライアント・アプリケーションは、相互運用のための規格OPC UAを介してデータにアクセスします。edgeConnector Siemensの設定は、内蔵のWebインターフェースによりその場でも、またRESTインターフェースによりリモートでも可能です。Azure IoT EdgeやAWS IoT Greengrassをシームレスに統合できるほか、Docker Hubなどのオンライン・リポジトリを介した利用も実現できます。

ユーザーにとって、可視化技術とコンテナ技術をもとに、柔軟に展開して簡単に利用できるというのは大きなメリットです。特にコントローラやオートメーションのネットワーク構成をまったく変更することなく、プロセスや機械の有用なデータが活用可能になります。さらに、各クライアント・アプリケーションへのアクセス権管理など高度なセキュリティ機能により、ソリューション全体の安全性も高まります。

「edgeConnector Siemensは、当社のdataFEED製品シリーズを初めて戦略的に拡張するものとして、可視化技術とコンテナ技術を盛り込みました」と、Softing Industrialの営業担当副社長Wolfgang Wendeは説明しています。同製品には、既存の接続性やOPC UA技術に関するSoftingの広範な経験が活かされており、非常に効率的な新しいIoTソリューション・アーキテクチャが利用できるようになっています。

edgeConnector Siemensは、無料でテストいただけます。現在、自動車や航空機、飲食料品産業のお客様による評価を受けています。詳しい情報は、製品ウェブサイトをご覧ください。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする