www.engineering-japan.com
VIA Tech News

VIA、スマートな視覚的インテリジェンスと物体検出機能を実現する Mobile360 AIフォークリフト安全キットにより、忙しい倉庫環境の事故を防止

VIA Technologies, Inc.は、台湾時間の7月29日、忙しい倉庫やサプライチェーンハブにおける事故を防止し、商品の損傷などによる損失を回避することを可能にする「VIA Mobile360 AIフォークリフト安全キット」を発表いたしました。

VIA、スマートな視覚的インテリジェンスと物体検出機能を実現する Mobile360 AIフォークリフト安全キットにより、忙しい倉庫環境の事故を防止

主な特徴は以下の通りです。

· リアルタイム 360°SVS(サラウンド・ビュー・システム)ビデオにより、フォークリフトのオペレーo ーは、車両周辺の潜在的な危険を容易に認識し、是正措置を取ることができます。
· 前後の DMOD(ダイナミック・ムービング・オブジェクト・ディテクション:動的移動物体検出)により、安全上の脅威をフォークリフトのオペレーターに自動的に警告します。
· 洗練されたDMS(ドライバー・モニタリング・システム:運転車監視システム)がドライバーID を認識し、運転者の疲労、注意力散漫、危険な行動の兆候を検出します。

リアルタイムの360°SVS(サラウンド・ビュー・システム)ビデオおよびDMOD(ダイナミック・ムービング・オブジェクト・ディテクション)機能を備えたVIA Mobile360 AIフォークリフト安全キットにより、フォークリフトのオペレーターは衝突を回避するための適切な行動を取るために、至近距離にいる他の車両や人の予期せぬ到着など、潜在的な安全上の危険や脅威をすぐさま特定することができるようになります。

また、高度に洗練されたDMS(ドライバー・モニタリング・システム:運転者監視システム)を搭載しており、運転者の疲労や注意力散漫、スマートフォンの使用などの危険行為を検知するとアラートを発し、現場の安全性をさらに高めます。また、不正なスタッフによる車両操作を防ぐために、顔認証技術を用いたドライバーIDにも対応しています。

「倉庫やサプライチェーンハブが、ラストマイル配送の爆発的な需要に対応すべく、業務のスピード、規模、範囲を拡大し続けています。こうしたなか、多忙かつプレッシャーのかかる作業環境において、スタッフの安全を確保するために、積極的な対策を講じることが不可欠です。VIA Mobile360 AIフォークリフト安全キットは、車両周辺の潜在的な脅威に対するオペレーターの認識を向上させるスマートアイを追加することで、このニーズを満たすことを可能にします」と、VIA Technologies, Inc.の国際マーケティング担当VPリチャード・ブラウンは述べています。

VIA Mobile360 AIフォークリフト安全キット

VIA Mobile360 AIフォークリフト安全キットは、特定の要件を満たすためのシステム ハードウェア、ソフトウェア、AIアルゴリズム、カメラおよび拡張オプションのフルセットで構成されています。主な特徴は以下の通りです。

・ 堅牢な超小型VIA Mobile360 M810車載システムは、広い動作温度範囲とACC/IGN対応の 9~36V DC入力を装備
・ 4つのFOV-190°カメラが360°リアルタイムSVS(サラウンドビューシステム)ビデオおよび フロント/リアDMOD(ダイナミック移動物体検出)をサポート
・ ドライバーID(顔認証)のサポートを含むDMS(ドライバー・モニタリング・システム)用の赤外線 付きFOV-60°カメラにより、あくび、眠気、目を閉じた状態、頭を下げた状態、喫煙、電話の 使用状況などを検出
・ CANバスを使用したスピード警告
・ 7インチ高解像度ディスプレイパネル
・ オプションのシートベルトバックルセンサー
・ オプションの超音波近接センサ/ミリ波短距離レーダーセンサー
・ フリート管理とクラウド統合のためのVIA Mobile360 SDK
・ VIA Mobile360ソフトウェアキャリブレーションツールによる簡単インストール

www.viatech.com
 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする