www.engineering-japan.com
Yokogawa News

トルクメニスタンのガス火力発電所向けに制御システムとフィールド機器を受注

世界各地の安定した電力供給に貢献.

トルクメニスタンのガス火力発電所向けに制御システムとフィールド機器を受注

横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:奈良 寿)の子会社であるヨコガワ・トルコ・インダストリアル・オートメーション・ソリューションズ(所在地:イズミール カントリーマネージャー:Namik Kemal Erler 以下、ヨコガワトルコ)は、トルクメニスタン国営電力公社Turkmenenergo(トルクメンエネルゴ)が建設しているZerger(ゼルゲル)ガス火力発電所向けの制御システムとフィールド機器を、トルコの大手建設会社Renaissance Heavy Industries(ルネッサンス・ヘビー・インダストリーズ)から受注しましたのでお知らせします。トルクメニスタンの発電所向け制御システムとしてYOKOGAWAで初めての受注です。

トルクメニスタンは、天然ガス可採埋蔵量が世界第4位※1の資源国で、その輸出と綿花栽培を中心とする農業を基盤に順調な経済成長を続けています。トルクメニスタン政府は、隣国アフガニスタンと、同国への復興支援のために2018年から10年間の電力輸出を約定しています。同国の天然ガスを活用したゼルゲル発電所はその主要電源として建設が進められています。同発電所は、トルクメニスタンの首都アシガバットの北東約600キロメートルのレバプ州チャルジョウ地区に位置し、ガスタービン3基からなる約40万キロワットの発電容量のシンプルサイクル火力発電所です。

本件は、住友商事株式会社がプライムコントラクターとなり、三菱日立パワーシステムズ株式会社がガスタービンと発電機を納入するもので、日本勢がトルクメニスタンの大型火力発電所向け主要設備として初めて受注した案件です。

YOKOGAWAは、本発電所に、ガスタービン、付帯設備を統括して監視制御を行う統合生産制御システム「CENTUM VP(センタム ブイピー)」※2、および差圧・圧力伝送器「DPharp EJAシリーズ(ディーピーハープ)」※2と温度伝送器「YTA610」※2などのフィールド機器を納入します。ヨコガワトルコは、2020年9月までに、システムのエンジニアリング、据付支援、および試運転支援を行います。YOKOGAWAは、2015年8月、トルクメニスタンに販売・サービスのオフィスを開設しており、プラント稼働後のアフターサービスは同オフィスが提供します。

国連持続可能な開発サミットで採択された2030年に実現すべき持続可能な開発目標(SDGs)のひとつに、「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」という目標が挙げられています。石油・石炭と比べ、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量が少ない天然ガスは、低炭素社会を実現していくまでの重要なエネルギー源とされています。YOKOGAWAは、天然ガス関連プラントでの豊富な実績とノウハウを生かして、中央アジアをはじめとする世界各地の安定した電力供給に貢献してまいります。

www.yokogawa.co.jp
 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする