www.engineering-japan.com
WIDIA

テスト品を使用した顧客から極めて肯定的なフィードバックを得ている新しいWIDIA™ Victory™高性能旋削用材種は、鋼、ステンレス鋼、鋳鉄、特殊合金における表面仕上げの改善と工具寿命の長期化によって、生産性の向上を実現します。

テスト品を使用した顧客から極めて肯定的なフィードバックを得ている新しいWIDIA™ Victory™高性能旋削用材種は、鋼、ステンレス鋼、鋳鉄、特殊合金における表面仕上げの改善と工具寿命の長期化によって、生産性の向上を実現します。
「これは、10種類の材種、14種類の形状、さらに5つの新しいチップブレーカー形状からなる、新しい重要な旋削加工ソリューションです」。WIDIAグローバル旋削加工製品担当のグローバルプロダクトマネージャ、John Gableは言います。「多くのケースで、わずかな改善に留まるのではなく、部品数が他のインサートの2倍に増加するほどの改善を達成することができます」。

WIDIAのVictoryインサートには、耐摩耗性を改善し、高速や高送り量での加工を可能にするコーティング技術が採用されています。追加でポストコーティング処理を行うことによって切れ刃の靱性が向上し、境界磨耗を軽減して工具寿命を延ばします。WIDIA Victoryインサートは、安定感のあるシート面を実現するためコーティング後に研磨されており、工具の信頼性がさらに向上しています。

「作業の内容が軽旋削であるか、中旋削であるか、適切な条件で行われるか、重断続切削を含む重切削粗加工であるかにかかわらず、WIDIA Victoryインサートはお客様により良い結果をもたらします」。とGableは言います。「お客様は、1個のインサートでより多くの部品を加工し、高速切削時にもより高い信頼性を得ることができます。その結果、稼働時間が増加し、スループットが向上して、より多くの部品をより迅速に出荷できるようになるのです」。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする