www.engineering-japan.com
Yokogawa News

バイオ研究分野向けに、Single Cellome Unit「SU10」開発・発売 ~スマートセルインダストリーの実現に貢献~

横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:奈良 寿)は、バイオ研究分野向けに、ナノピペット※1による特定の細胞の目標箇所への遺伝子や薬剤等外来物質の直接注入や細胞内 物質の吸引を行うSingle Cellome Unit(シングル・セローム・ユニット)「SU10」を開発、3月18日から日本で発売し、今後、米国やその他の地域で順次発売しますのでお知らせします。

バイオ研究分野向けに、Single Cellome Unit「SU10」開発・発売 ~スマートセルインダストリーの実現に貢献~

当社は、ライフイノベーション事業を通して来たるスマートセルインダストリー(高度に機能がデザイン・制御された生物細胞を用いた産業)の実現に貢献します。

※1 ナノピペット:
ピペットは一定容量の物質を吸注入するための管のこと。ナノピペットは、先端の口径サイズが1nmから1,000nm未満のものを指す。(1nmは、10億分の1m。)吸注入の容量がナノサイズのものを指す場合もある。当社は、2019年11月、米国のベンチャー企業バイオスティンガー社から同技術を取得。

開発の背景
農業、工業、医療・健康等の幅広い産業において、急速に発展するバイオテクノロジーを応用して形成されるバイオエコノミー市場の成長が見込まれています。スマートセルインダストリーは、高度に機能がデザイン・制御された細胞生物(スマートセル)を用いて、生物にしか製造できないバイオ医薬品等の高機能品や石油由来品から置き換わる製品等を生産する産業です。農業、工業、医療・健康に加え、エネルギー・環境分野の産業構造に大きな変革をもたらし、人類が直面する課題を解決することが期待されています。

2018年4月、当社は、すべての人の豊かな生活(Well-being)の実現に貢献することを目指し、ライフイノベーション事業本部を発足させました。医薬品・食品産業向けに展開しているライフサイエンスや生産ソリューションの既存事業に加え、計測・制御・情報のコア技術の活用とお客様との共創により、新しい製品・サービスを開発し、医薬品・食品の基礎研究から生産、物流・サービスまでのバリューチェーン全体での生産性革命を実現するワン・ストップ・ソリューションを提供します。

個々の細胞を個別に解析する1細胞解析は、がん研究、免疫学研究等の分野において、病因や病態等の事象を解明する新たな解析方法として注目されており、創薬研究や個別化医療、再生医療の分野への貢献が期待されています。今回当社は、スマートセルインダストリーの実現に向け、1細胞解析を行う研究者を支援するSingle Cellome Unit「SU10」を開発しました。

新製品の概要

1. ナノピペットで低侵襲を実現
Single Cellome Unit「SU10」は、1細胞単位で特定の箇所に、遺伝子や薬剤等の直接注入や細胞内物質の吸引を行うことができます。従来は、先端の外径がμm(マイクロメートル)※2レベルのピペットを用いて注入・吸引が行われていましたが、本製品は先端の外径が数百nm(ナノメートル)※2レベルとバイオ研究分野では最小クラスのナノピペットを採用しています。ナノピペットの先端サイズが細胞に比べて非常に小さいことから低侵襲性※3を実現し、生きた状態での1細胞解析を可能にします。

2. 作業の自動化により操作効率の向上に貢献
ベテランの研究員が手動で行っていた、細胞表面の検知や細胞への穿刺、注入・吸引、抜去等の一連の動作の自動化を業界で初めて※4実現しました。生きた状態の細胞に対して簡便に注入・吸引操作を行うことが可能です。

※2 μm(マイクロメートル)とnm(ナノメートル):1μmは、100万分の1m。1nmは、10億分の1m。
※3 低侵襲性:医学やバイオの分野で身体への負担や影響が少ない性質を指す。
※4 2020年3月現在 当社調べ

横河電機執行役員ライフイノベーション事業本部長の中尾 寛は、発売にあたり次のように述べています。「当社は2050年に向けたサステナビリティ目標「Three goals」を掲げ、その一つとしてWell-beingの実現に取り組んでいます。ライフイノベーション事業はその中核となるビジネスです。このたび発売するSingle Cellome Unit「SU10」は、バイオや医薬品の最先端の研究・開発分野のお客様に新しい価値をご提供できるものと考えています。今後は、開発中のマイクロピペットを採用した1細胞解析装置などラインアップを拡充するとともに、これらの装置を活用したサブスクリプション型のソリューションサービスの提供も視野に入れ、ライフイノベーション事業の拡大を図ります」。

www.yokogawa.co.jp
 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする