www.engineering-japan.com
PEPPERL+FUCHS FACTORY AUTOMATION

OPC UA対応のIO-Linkマスター

フィールドレベルからクラウドまで、シームレスな通信を実現

OPC UA対応のIO-Linkマスター

図1:OPC UAインターフェイス搭載のIO-Linkマスター

Pepperl+Fuchs(ペッパール・アンド・フックス)は、OPC UAインターフェイス搭載のIO-Linkマスターを提供する初めてのメーカーとなりました。こうして当社は、最も下位のフィールドレベルからクラウドまで、エンド・ツー・エンドかつトランスペアレンツでシームレスな通信の実現に向けて、着実に取組みを進めています。

 オートメーション技術を専門とするPepperl+Fuchsは、Comtrol Corporation社の事業を買収しました。Comtrol社はEthernetベースの産業用通信分野のパイオニアであり、IO-Linkマスターのトップメーカーの1社です。その買収によってPepperl+Fuchsは、IO-Link市場におけるシステムプロバイダとしての地位を強化するとともに、OPC UAインターフェイス搭載のIO-Linkマスターをご提供できる初めての企業となりました。

 OPC UAは、Ethernetベースの通信プロトコルとして、機器間や機器とクラウド間の通信に対する簡単かつ柔軟な方法を提供します。OPC UAの特長は、その非依存性であり、ユーザー自身でIoTシステムを設計する際に極めて高い柔軟性を発揮し、どのプラットフォームを利用するかに関わらず完全な自由度を確保することができます。

 Pepperl+FuchsがOPC UAとIO-Linkを組み合わせたことで、最下位のフィールドレベルからクラウドまで、エンド・ツー・エンドかつトランスペアレントでシームレスな通信に全く新しい可能性が拡がりました。識別や診断、センサからのパラメータ・データに対するインターフェイスとしてIO-Linkを活用する場合、OPC UAは最適なソリューションとして、時間管理に厳格さを要する制御用通信とともに、データをPCベースのシステムのほか、一部あるいは完全なクラウド型システムに送信することができます。これはまた、インダストリー4.0を幅広く見据えた計画を実現する唯一の方法でもあります。最下位のフィールドレベルから詳細なデータを収集して、目的に応じた手法で評価できるからです。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする